データをどのようにMacハードドライブからリカバーする

Macハードドライブのデータリカバリーに苦労することが多いです。良報は、Disk Drillは複雑なタスクを容易にします。外部または内部のMacハードドライブからファイルをリカバーする必要がある際、Disk Drillを使ってデータを早く取り戻すことができます。

HDDデータをリカバー
データをMacハードドライブからリカバーする方法。
?

Macハードドライブからリカバリーする際に、ドライブがスピンして反応する必要があります。しかし、外傷を負ったハードドライブをMac OS Xにマウントさえできれば、Disk Drillは手伝うことがでkます!

問題の重度にもよりますが、ドライブ上のファイルやフォルダーを見ることが可能であり、あるいはディスクのパーティションやディスク自体が壊れたり、フォーマットされ直したり、様々な問題が起こり得ます。幸いにDisk Drillは 失われたパーティションを見つけ、HFS+カタログファイルをリビルドし失われたデータをリカバーすることをお手伝いします

下記にはMacようハードドライブリカバリーソフトウェアの手順です。詳細なチュートリアルはDisk Drillのインストール方法とDisk Drillを使ってファイルをリカバーするベーシックを参照ください。Macの内部ハードドライブからファイルをリカバーする際、特別な手順があることに注意してください。また、ディスクに外傷がある場合、ハードドライブリカバリーが成功する確率は低くなることもあります。

#1 Disk Drillをダウンロード、インストールする

Mac用ハードドライブリカバリーソフトウェア、Disk Drillをダウンロードして、アプリケーションメニューに入れます。最初にロンチする際、Mac OS Xの正しいハードドライブリカバリーに必要な新しいドライバーをインストールする必要があります。アドミニストレータパスワードを入力します。これにより、準備完了です!

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    Disk Drillをダウンロードする

  • アプリケーションフォルダーにドラッグする
    2

    アプリケーションフォルダにドラッグする

  • Disk Drillをロンチする
    3

    Disk Drillをロンチする

#2 ディスクの状況を確認する

前述通り、ストレージデバイスの外傷はソフトウェアベースのデータリカバリーを手伝いません。問題のディスクに悪いセクターまたは作動中に電子コントローラーが作動しない場合、Disk Drillの作業はあまり進みません。しかし、外傷が現れる前に、音が鳴ったり、リード/ライト作業が遅いなどのディスク状況に不備がある場合、Disk Drillの付属の無料ツールを使い、DMG(あるいはISO)フォーマットのバイトーツーバイトディスクイメージを制作してください。

#3 システムを(ルート)ドライブからリカバーする

ブートされたシステムMacドライブからハードドライブリカバリーを予定している場合、ブートする際またはアプリをローチする際、リカバリーが可能なデータがバックグランドで作動する様々なシステムアクティビティでオーバーライトされる可能性が高いです。失われたデータのあるハードドライブを他のパソコンに接続してリカバリーをそこから行うことができない場合、ブート可能なデータリカバリードライブを作成して、そこからDisk Drillを作動させることを勧めます。「ブートドライブを作成する」ウィザードはその手順の説明をします。数分で、データリカバリーの可能性を高めることが可能です。もしブート可能なMac USBドライブを作成することが不可能であれば、普通通り進めてください。

ハードドライブリカバリーソフトウェアMac

#4 ハードドライブを接続する

外部ハードドライブからデータをリカバーする場合、今すぐ接続してください。必要なドライブは、Disk Drill内に現れるはずです。ハードドライブの名前にクリックして、個々のパーティションを見ることができます。

#5 リストからディスクを選択する

Disk Drillには、Mac OS Xのハードドライブリカバリーに用いることができる複数の方法があります。使用可能な方法はハードドライブのファイルシステムとフォマット済みであるかにより、決まります。選択肢としまして、ドライブ全体あるいは一部のパーティションのスキャンを行うことができます。ドライブ全体をスキャンする場合、Disk Drillはディープスキャンを使って、バイナリーモードで全てのディスクを一つのローファイルシステムとして分析を行います。しかし、この方法は最も時間を費やす方法でもあり、削除されたデータのパーティションが見える場合、そこからスキャンすることを先に選択してください。

#6 スキャン方法を選択する

Macハードドライブのリカバー方法をまだ学んでいる場合、最もシンプルなリカバリー方法はスキャンしたいボリュームの横にある「リカバー」ボタンを押すことです。それにより、全てのスキャン方法を作動させます。しかし、試したいスキャン方法がある場合、「リカバー」ボタンのドロップダウン矢印をクリックして個々のスキャンを選択することができます。

リビルド、レスキューとリーマウント

#7 ちょっと待ってください...

選択されたスキャン方法により、1分からディープスキャンを選択した場合。数時間待つ必要があります。また、外部のハードドライブからMacでファイルをリカバーする場合もスキャンスピードに影響を与えます。Disk Drillはハードドライブの全てのバイトを読み込むため、スキャンには時間がかかりますが、効果は表れます。

Macハードドライブからリカバーする

#8 Macハードドライブからリカバーする

スキャンが完了したら、発見されたファイルのリストが現れます。場合によっては、これらのファイルが壊れている可能性があります。これは、他のアプリケーションにより、バイトのブロックがオーバーライトされ、ファイル構成が失われたことを表します。残念ながら、これを阻止する方法はありません。現実的には、Mac上のデータリカバリーには運が必要です!(これの例外はGuaranteed Recoveryのみです。)各名前の横にある「目」のアイコンをクリックして、ファイルをプレビューし、構成の確認を行うことができます。

準備ができれば、ファイルを選択して、「リカバー」ボタンを押します。必要でありば、Disk Drill PROにアップグレードしてください。リカバリー先がリカバーを行なっているハードドライブ以外であることを確認します。全てのファイルが新しいメディアにコピーされるまで待ちます。

Macハードドライブからリカバーする

Disk DrillはMacハードドライブのデータリカバリーに最適です

ファイル構成が残されていない場合、Disk Drillのディープスキャンは最適です。ディープスキャンはハートドライブのローデータを分析します (FAT, NTFS, etc.). Disk Drillには多くのファイルシグネチャ情報が搭載されていて、これらの情報を有効活用します。知られたシグネチャーが取り戻された時には、XLSDOCAVIMP4JPGやその他の拡張のファイルのリカバリーが簡単になります。

保護も重要です!

Disk Drill 4
ウィンドウズでデータリカバリーを作動する必要がありますか?ウィンドウズハードドライブのファイルをリカバーしましょう

Macのハードドライブリカバリーの他の方法等

リカバリーナレッジベース

Disk Drillのファンの声

世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています