Mac OS X用ブートディスクを作る方法

Disk Drill 3は今ではブート可能なMac OS X USBドライブを作り、データリカバリーを可能にしています。データが失われたディスクのMacはブートドライブからスタートすること可能性は高いです。正式には、Macが違うドライブあるいは外部ドッキングドライブやDisk Drill自体のブート可能なデータリカバリーフリーウェアからブートされた時のみを勧めています。システムファイルのソースとして、OS X 10.8.5-10.11.xは必須です。
Mac OS X用ブートディスクを作る方法
重要データを失って、データリカバリーを試みる人に最初に勧めることは、できる限り早く、データが失われたドライブの使用を中止することです。パソコンを停止して、ドライブをドッキングステーションから取り外し、そのドライブのさらなる使用を阻止します。ドライブを横に置いて、落ち着いて他のパソコンを使い、ブート可能なデータリカバリーアプリをダウンロードします。Disk Drill最も便利で最新版のOS Xブート可能なファイルレスキューソリューションです。クリック数回でMacをUSBからブートさせます。

Disk Drill 3から始まり、数分間で、誰もがブート可能なMac OS Xドライブを作ることができます。余分な最低でも2GBの容量の保管デバイスが必要です。Macに接続させ、Disk Drillを起動して、メインツールバーから「ブートドライブを作る」を選択します。

Disk Drillは全てのデータリカバリーアルゴリスムをブート可能なMac USBドライブから作動させます。これにより、最大量のデータが無傷のまま、リカバリープロセスの際に生き残るようにして、他のバックグランドプロセスやオペレーティングシステム自体がリカバリー可能な情報をオーバーライトしないようにします。注記:Disk Drillはブート可能なCD/DVDドライブの作成を提供しない理由としては、現在のパソコンでの人気度やアクセスが減少しているためです。

#1 とのパソコンでもDisk Drillをダウンロードしてインストールする

データリカバリーは作動しているシステムで必ずしも行うことができません。このため、Disk Drillデータリカバリーブートドライブからリブートして、USBからOS Xからのブートに進みます。失われたドライブが完全に接続されてないことを確認します。他のMacから無料Disk Drillをダウンロードします。インストールして、ロンチします。「ブートドライブを作る」をツールのメインリストから選択して、手順に従います。
  • 1Disk Drillをダウンロードする
  • 2アプリケーションフォルダーにドラッグする
  • 3Disk Drillをロンチする

#2 USBドライブを接続する

これでデータリカバリーの可能性をたけめ、全てのファイルやフォルダーを取り戻す準備はできましたか。これから、正しい道です!余分はUSBドライブや外部ディスクを用意してMacに接続して、ブート可能なデータリカバリーキットに変換してください。

#3 Mac用ブート可能ドライブを作る

ブート可能なMacドライブを作るには、Mac OS X 10.8.5以降(10.9, 10.10, 10.11のEl Capitanを含め)のどの版をメインシステムに作動させるかMacに接続されているドライブにインストールする必要があります。「ブート可能ドライブを作る」機能性から、コピーもとのOS Xシステムファイルドライブを選択して、作っている新しいドライブに選択します。ソースディスクが選択されてから、USBからブート可能なドライブをコピー先として選択します。 Mac用ブート可能ドライブを作る

#4 メインディスクのリカバリーに使う

Disk Drillで作ったブート可能なUSBドライブにより、安全にMacデータをどのアンマウントされたスタートアップディスクからもリカバーすることでき、さらなるデータロスを阻止できます。
Disk Drillのデータリカバリーブートドライブは、データをリカバーする必要のあるシステムが内部ドライブからブートしない時に使えます。Mac USBブート可能ドライブの準備が完了したら、いつでもデータリカバリーが可能になります。 メインディスクのリカバリーを助ける

将来のデータロスを阻止しましょう!

Disk Drillベージックは無料であり、ユニークなデータ保護アルゴリズムが含まれています:そこにはRecovery VaultGuaranteed Recoveryがあります。誤ったデータロスの際に、有効化されている場合、ハードドライブリカバリーがスムーズで行われることを保証します。Recovery Vaultはディープスキャンでリカバリーが不可能なファイルパラメーターのデータベースです。Guaranteed Recoveryは永遠に削除される前に削除されたファイルを保管する拡張型のゴミ箱であり、それらがTRIMを有効化にしたSSDドライブのファイルであっても
将来のデータロスを阻止しましょう

#5 MacをUSBからブートする

新しく作られたブート可能なドライブを失われたデータのMacに挿入します。オプション(⌥)キーを押しながら、リブートします。ブート可能なドライブリストが表示されます。前の手順で作られたドライブで、データリカバリーの可能性を秘めてるものは「Disk Drillリカバリー」として表れます。それを選択して、Macをブートします。Disk Drillのソフトウェアがロードするシステムに自動的にロードされます。失われたデータをリカバーする同様にソフトを作動させます。
削除されたデータを取り戻すため、全てのデータリカバリー方法をお試しください。注記:Disk Drillは作ったブートドライブで新しいMac OS Xのインスタンスのインストール方法を提供していません。OS X USBブートディスクの主な目的は、失われたデータを取り戻すことであり、Disk Drillを単一のリカバリー環境で使用することです。 USBからMacをブートする方法
これで誰もが、毎日使用できるMac USBブート可能ディスクを作ることが可能です。

Disk Drillはデータ管理のマルチツールです

データリカバリー、データバックアップ、ディスク管理や最適化機能のあるDisk Drillは、いつでもディスクイメジングやセキュアなデータリカバリー等、全てを行うツールになります。Disk Drillは長年、複数のプラットフォームで使用可能な製品として知られています。

今すぐ重要なファイルを守る!

Disk Drill 3
Mac用ブート可能データリカバリー

さらなる記事

  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

私たちの言葉だけを信用する必要はありません:

  • WebFox
    結構な期間これを使ってきました。実際にお世話になったのは2回です。ファイル、文書の復旧に使用したのですが、素早く簡単で便利でした。今まで試してみたどのソフトよりも高性能です。今では有償版を愛用中です。正直マストアプリですね。
  • Disk Drillは数年前にまで遡り、削除されたファイルの復旧を行い続けます。実際、16GBのドライブをスキャンするのにかかった時間は9分以下でした。Erik Eckel