保存されてないMSワード書類をMac OS Xで取り戻す

ファイルは突然、失われることがあります。例えば、仕事中、MSオフィスのアプリケーションであるワードやエクセルを操っている際に。このようなことは起こります。オートセーブ機能が動く前に、アプリはクラッシュしたりします。
保存されてないMSワード書類をMac OS Xで取り戻す
MSオフィスアプリのクラッシュ、Macの予想されてないパワーダウン、またはMacパソコンのクラッシュでMSオフィス(ワードやエクセル)のデータロスを経験したこののないユーザーはいないでしょう。作業を一からやり直すより、Disk Drillをゲットして、可能性の高いMac書類をリカバーしましょう。さらに、MSオフィスが書類の誤ったバーションをロードする際も、Disk Drillを用いることができます。

Disk Drillをロンチして、メインシステムディスクでMSオフィスがインストールされているパーティション/ロジカルボユームを探し、全てのリカバリー方法を実施する場合、リカバーをクリックし、あるいは、ディープスキャンをすぐに作動させてください。でも、クイックスキャンも重要です。クラッシュ時期と原因により、クイックスキャンが、ディープスキャンより良い状況でテンポラリーファイルを拾う可能性もあります。

#1 Disk Drillと心の準備する

MSオフィスは特定の書類を編集する際、その書類の一時的な保管を行うため、リカバリーが可能になる場合があります。このため、主な目的は、それらのファイルを見つけることです。
  • 1Disk Drillをダウンロードする
  • 2アプリケーションフォルダーにトラッグする
  • 3アプリをロンチする

#2 さらなるセオリー

データリカバリーは、実際ディスクの特定された位置を検索できないところで作動します。このため、この場合、全てのパーティションのスキャンを行います。実際には、/Library/Containers/com.microsoft.[Word]/Data/Library/Preferences/AutoRecoveryで保管されているファイルを検索しています。
さらに、編集した書類のテンポラリーコピーは複数のファイルで徐々に保存されている可能性もあります。Disk Drillを使うことによって、同じ書類の複数バーションをリカバーすることができ、失われた重要な変更を取り戻すことができます。

#3 書類のリカバリーに進む

Disk Drillを起動させ、リカバリー用にシステムディスク(ルートディスクとも言う)を選択します。「リカバー」をクリックしてください。手順に従い、ハードディスクのサイズにもよりますが、数秒後の進捗状況を確認してください。 Macで保存されてないワード書類をリカバーする

#4 見つかったアイテムをレビューする

スキャンが終了したら、保存されてない書類は、普通のワードやエクセル書類のテンポラリーコピーのまま、見つかった書類のリストに表示されているはずです。元のファイル名を保有していない可能性が高いので、複数のDOC、DOCX、XLS、XLSXファイルを確認して、正しいファイルを見つける必要があります。
新しく構成された書類は、関連する見つかったアイテムのグループに表示され、もう一度リカバーボタンをクリックする必要があります。いつも推薦する様に、コンテンツのプレビューを行なって、探していたデータであることを確認してください。 保存されてないエクセルファイルをリカバーする

ワードファイルを失くすことを避ける!

Disk Drillは無料のデータ保護アルゴリズムGuaranteed RecoveryRecovery Vaultを提供しています。これらを有効化して、将来、削除(誤って、あるいはそうでない場合も)するファイルのリカバリーが高い可能性でできることをデジタルに保証します。データロスの前に、Disk Drillのこれらの機能性を有効化していた場合、保護されたデータから検索することができたのです。
ワードファイルを失くすことを避ける!

#5 保存されてない書類のリカバリーに関する詳細

ここで論じられた問題に関して。アクティブワードやエクセルファイルが閉じれた瞬間から、オートリカバリー書類(クラッシュの前の最後の瞬間の編集を全て含めたもの)は、MSオフィスにより、削除されます。言い換えれば、オートリカバリースナップショットはあくまで一時的であり、ワードやエクセルが通常でない閉じ方の場合のみの時に存在します。ワードを閉じる時、ワードが全てが「通常」であると認識したとき、オートリカバリーファイルは削除されます。ここから、Disk Drillが作動します! 保存されてないエクセルファイルをリカバーする

ディープスキャンは失われたワード書類を再構築する

クイックスキャンやパーティションリカバリーに比べ、ディープスキャンはハードドライブのローバイナリデータをスキャンしています。ディープスキャンの場合、全てのデータは名のないバイトシリーズであります。様々なファイルフォーマットからアクセスできるフラグメントを再構成して、Disk Drillは保存されてない書類を含め、取り戻します。

保存されてない書類もリカバーする

Disk Drill 3
ワードとエクセル書類をMac OS Xでリカバーする

他のシナリオ

  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

レビューをどうぞ!

  • Macupdate.comのユーザー TCalhau
    このシンプルなアプリが私の人生を救うとは!大事なファイルを削除してしまったのですが、これのお陰で復旧できました!素晴らしいの一言!
  • Disk Drillは数年前にまで遡り、削除されたファイルの復旧を行い続けます。実際、16GBのドライブをスキャンするのにかかった時間は9分以下でした。Erik Eckel