削除されたワードやエクセル書類をリカバーする方法

謝ってボタンを押し、あるいは停電の場合、あるいはエクセルがファイルのバックアップコピーを作らなかった場合、重要な書類やチャートを失うこともあります。では、削除されたエクセル書類をどのようにリカバーするのでしょうか?この質問の最もパーフェクトな答えはーウィンドウズ用Disk Drillーエクセルファイルやその他のトップリカバリーソリューションです。

WordおよびExcelドキュメント
ワード書類リカバリー
?

Disk Drillにはベストなデータリカバリーメカニズムがあり、NTFS、FAT32、EXT、ExFAT、HFS+やその他のファイルシステムでうまく作動します。システムディスク、他のパソコン、外部デバイス、メモリカード、USBフラッシュドライブなどでエクセルファイルをリカバーしてください。さらに、「無料で削除されたワードやエクセルファイルをリカバーする方法とあ?」と回答はここです – 無料Disk Drillベーシックはスキャンをして500MBのデータ量をリカバーして取り戻します。

#1 エクセル書類をリカバーする必要がある場合

まずは無料Disk Drillをダウンロードしファイルシステム使用をしばらく停止することにより、データの新しいデータによるオーバーライトを控えて、ファイルをリカバーする可能性を高めます。この為、リカバリーの準備ができるまで、ドライブを静かに置いときます。Disk Drillは多くのファイルタイプに対応しています。エクセルだけでなく、ワード書類、ビデオ、音楽や画像をリカバーすることができます。
Disk Drillがリカバーできるすべてのファイルタイプ

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    Disk Drillをダウンロードする

  • それをインストールする
    2

    それをインストールする

  • ウィンドウズ用Disk Drillをロンチする
    3

    ウィンドウズ用Disk Drillを立ち上げる

#2 消されたファイルを取り戻す

Disk Drillをロンチして、システムのすべてのドライブのリストを作成させます。エクセルファイルを失ったドライブを選択します。無料スキャンを開始する為、「リカバー」ボタンをクリックします。

エクセルファイルリカバリー

#3 リカバーしたいエクセル書類を選択する

ファイルが失われた時期やその後、ドライブの使用量により、ファイル名が編集されて、すぐに識別できないこともあります。しかし、Disk Drillにはフィルターがあり、リカバーするファイルの識別を簡単に行うことができます。

ワード書類をリカバーする

#4 ウィンドウズで削除されたエクセルファイルをリカバーする – 完了

スキャンを行ってから、リカバー可能なファイルは識別され、数回クリックして取り戻すことができます。

ディープスキャンの手助けでエクセル書類をリカバーする

ファイルを削除してからすぐに気がついた場合は最も理想的なシチュエーションでもあります。このような時、エクセルファイルのリカバリーは簡単に行うことができます。しかし、削除してからしばらく時間が経ち、そこで削除したことに気づいた時は、どうでしょう。このような場合、ディープスキャンをお使いください!バイト毎にハードドライブを探り、ファイルシグネチャーの知識を利用してファイルを再構成します。この方法は時間を要しますが、試す価値があります。

    削除されたエクセル書類をリカバーする方法

    Windows版 Disk Drill
    Macでワード書類をリカバーする方法Disk Drillを使って

    さらなるリカバリーシナリオ…

    ファイルリカバリーチュートリアル

    他のユーザーはどのようにDisk Drillを使うか

    世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています