OS X Mavericksで失われたデータをリカバーする方法

Mavericksアップグレードにより外部WD、日立、シーゲートやラシードライブのデータを消しましたか?Disk Drillは完璧にOS X Mavericksデータロスを救済し、データを数分間で取り戻します。

外部HD
OS X Mavericksで失われたデータをリカバーする方法
?

Macユーザーの中には、OS X 10.9をインストールした後に、Mavericksによるデータロスの問題が生じてる事例があります。最もよくある状況は:

  • 機能している外部ハードドライブがあり(WDである必要はありません — シーゲート、日立やラシーと言ったブランドにも問題が生じています)
  • アップグレード前にMacにはウェスタンデジタル(WD)ソフトウェアアプリ、例えばWD Drive Manager、WD Raid ManagerあるいはWD SmartWare(ウェスタンデジタルのドライブがあった場合、気が付かないうちソフトウェアがインストールされてる可能性があります)
  • Mavericksにアップグレードして外部ドライブのアクセスができず、あるいはドライブを開いても、中身がないように見えるでしょう

このOS X Mavericksによる正式なウェスタンデジタル書類(アクセスがもう不可能)あるいはOS X Mavericksによるデータ破損に関するアップルサポートのフォラムスレッドをここでお読みになることができます。良報はパニックする必要はありません: データはまだ残っている可能性があります!Disk Drillは削除されたファイルのリカバリーをMavericks OS Xアップデート後に使えます。Mavericksによる外部ハードドライブのフォーマットにあるこのバグがアップルやWDが解決することを待つ必要はありません。

#1 ディスクを使わない

ディスクに物を保存せず、リーフォーマットやその他の行為などを行わず、真のデータロスが起きる可能性を控えましょう。Disk Drillを使ってスキャンする準備ができるまで、接続を切ってください。

#2 WDソフトウェアをアンインストールする

ウェスタンデジタルのアンインストーラーを使って、Macに残っているWDソフトウェアの残骸をアンインストールします。それでMacを再起動させます。ウェスタンデジタルは会社のサポートに連絡し、アップルと共同でOS X Mavericksアップグレードによるディスクデータロスの状況を把握できる様勧めています。

#3 Disk Drillをインストールする

無料のDisk Drillベーシックアプリをダウンロードする。必要であれば、Disk Drillをダウンロードしインストールするためのチュートリアルをごらんください。

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    Disk Drillをダウンロードする

  • アプリケーションフォルダーにドラッグする
    2

    アプリケーションフォルダーにドラッグする

  • Disk Drillをロンチする
    3

    Disk Drillをロンチする

#4 ファイルを移動する準備をする

Disk Drillがファイルをリカバーできれば、それらのファイルを他のディスクで保存することを勧めます。このため、Mac内部ドライブあるいは他の外部ドライブを接続して、リカバーされたファイルを保存してください。

#5 外部ドライブを接続する

Mavericksアップグレードで破損されたハードディスクをMacに接続します。必要であれば、ファイルを保存するもう一つのドライブを接続します。それから、Disk Drillアプリをロンチします。

外部ドライブを接続する

#6 ディスクを選択する

Disk Drillをロンチしたら、ディスクのリストが表示されます。破損された外部ハードドライブの名前をクリックして、それを選択します。これでスキャンオプションを選択します。可能性としては、失われたパーティションはジェネリックな名前に変更されていて、データロス前の名前は使われていないことがよくあります。パーティションの右にあるボタンが「リビルド」が表示されている場合、ディスクが正しくマウントされてない可能性があります。「リビルド」をクリックして、ディレクトリーをリビルドし、ディスクをマウントさせます。それで自動的にディスクのクイックスキャンを完了します。ドライブ横に「リカバー」と表示されている場合、ドライブのマウントが成功していることを示します。その様な場合、すぐにスキャンを開始することができます。「リカバー」横にあるドロップダウン矢印をクリックし、「クイックスキャン」を選択します。

#7 見つかったデータをレビューする

Disk Drillがスキャンを完了したら、見つかったファイルのリストを表示します。これらのファイルをレビューして、データが残っていることを確認します。Mavericksのアップグレード後にドライブのリペアを試してない場合、全てのファイルが良い状況で残されていることが期待できます。しかし、重要なファイルをプレビューし(ファイル名横の「目」のアイコンをクリックして)破損されてないことを確認することを勧めます。さらに、Disk Drillを使う前に救済措置を施した場合、ファイルのプレビューは必須です。

#8 アップグレードしてリカバーする

ファイルを識別して、それらが破損されてないことを確認できれば、Disk Drillプロ版にアップグレードしてファイルのリカバリーに進むことができます。アップグレードチュートリアルの手順に従い、Disk Drillプロ版でファイルをリカバーする方法をご参照ください。ご購入には、20%のクーポンコードMVRCK-UPD-DDTWを忘れずに使用してください。

Disk DrillはOS Xデータリカバリーには真面目に 向きあります

Disk Drillのディープスキャン機能は詳細の深いところを探り、ファイル構成が残っていない場合に活用できます。アプリはハードドライブのローデータをスキャンします(FAT、NTFSやその他)。Disk Drillはバイナリーシグネチャーを探し、フラグメントを一つの構成にまとめます。認識できるファイルシグネチャーが確認できた際、簡単にXLS、DOC、AVI、MP4、JPGやその他のファイルをリカバーできます。

重要なファイルを今すぐ保護しましょう!

Disk Drill 4

その他の手順書

データリカバリー大学

ユーザーとソフトウェアプロの声

世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています