OS X Mavericksで失われたデータをリカバーする方法

Mavericksアップグレードにより外部WD、日立、シーゲートやラシードライブのデータを消しましたか?Disk Drillは完璧にOS X Mavericksデータロスを救済し、データを数分間で取り戻します。
OS X Mavericksで失われたデータをリカバーする方法
Macユーザーの中には、OS X 10.9をインストールした後に、Mavericksによるデータロスの問題が生じてる事例があります。最もよくある状況は:

  • 機能している外部ハードドライブがあり(WDである必要はありません — シーゲート、日立やラシーと言ったブランドにも問題が生じています)
  • アップグレード前にMacにはウェスタンデジタル(WD)ソフトウェアアプリ、例えばWD Drive Manager、WD Raid ManagerあるいはWD SmartWare(ウェスタンデジタルのドライブがあった場合、気が付かないうちソフトウェアがインストールされてる可能性があります)
  • Mavericksにアップグレードして外部ドライブのアクセスができず、あるいはドライブを開いても、中身がないように見えるでしょう

このOS X Mavericksによる正式なウェスタンデジタル書類(アクセスがもう不可能)あるいはOS X Mavericksによるデータ破損に関するアップルサポートのフォラムスレッドをここでお読みになることができます。良報はパニックする必要はありません: データはまだ残っている可能性があります!Disk Drillは削除されたファイルのリカバリーをMavericks OS Xアップデート後に使えます。Mavericksによる外部ハードドライブのフォーマットにあるこのバグがアップルやWDが解決することを待つ必要はありません。

#1 ディスクを使わない

ディスクに物を保存せず、リーフォーマットやその他の行為などを行わず、真のデータロスが起きる可能性を控えましょう。Disk Drillを使ってスキャンする準備ができるまで、接続を切ってください。

#2 WDソフトウェアをアンインストールする

ウェスタンデジタルのアンインストーラーを使って、Macに残っているWDソフトウェアの残骸をアンインストールします。それでMacを再起動させます。ウェスタンデジタルは会社のサポートに連絡し、アップルと共同でOS X Mavericksアップグレードによるディスクデータロスの状況を把握できる様勧めています。

#3 Disk Drillをインストールする

無料のDisk Drillベーシックアプリをダウンロードする。必要であれば、Disk Drillをダウンロードしインストールするためのチュートリアルをごらんください。
  • 1Disk Drillをダウンロードする
  • 2アプリケーションフォルダーにドラッグする
  • 3Disk Drillをロンチする

#4 ファイルを移動する準備をする

Disk Drillがファイルをリカバーできれば、それらのファイルを他のディスクで保存することを勧めます。このため、Mac内部ドライブあるいは他の外部ドライブを接続して、リカバーされたファイルを保存してください。

#5 外部ドライブを接続する

Mavericksアップグレードで破損されたハードディスクをMacに接続します。必要であれば、ファイルを保存するもう一つのドライブを接続します。それから、Disk Drillアプリをロンチします。 外部ドライブを接続する

#6 ディスクを選択する

Disk Drillをロンチしたら、ディスクのリストが表示されます。破損された外部ハードドライブの名前をクリックして、それを選択します。これでスキャンオプションを選択します。可能性としては、失われたパーティションはジェネリックな名前に変更されていて、データロス前の名前は使われていないことがよくあります。パーティションの右にあるボタンが「リビルド」が表示されている場合、ディスクが正しくマウントされてない可能性があります。「リビルド」をクリックして、ディレクトリーをリビルドし、ディスクをマウントさせます。それで自動的にディスクのクイックスキャンを完了します。ドライブ横に「リカバー」と表示されている場合、ドライブのマウントが成功していることを示します。その様な場合、すぐにスキャンを開始することができます。「リカバー」横にあるドロップダウン矢印をクリックし、「クイックスキャン」を選択します。
いずれの場合も(リビルド又はクイックスキャン)全てのファイルはファイル名が残ったままリカバーされるでしょう。これらのスキャン方法で失われたファイルやフォルダーが見つからない場合、ディープスキャンを開始します。この方法は元のファイル構成を保つことはできないが、バイナリーエンティティーは再構成できます。 ディスクを選択す

安全対策をしましょう — データを今すぐ保護する!

Disk Drillには素晴らしい保護オプションが搭載されていて、ファイルを保護し、データロスを阻止します: Guaranteed Recoveryはゴミ箱に移動されたファイルの目に見えないコピーを保存し、必要な時にそれらをリストアすることができます。Recovery Vaultはメタデータを記録し、名前や位置情報を含みファイルをリストアします。S.M.A.R.T.モニタリングは常時ハードドライブを監視し、破損されてないかを確認します。
安全対策をしましょう — データを今すぐ保護する!

#7 見つかったデータをレビューする

Disk Drillがスキャンを完了したら、見つかったファイルのリストを表示します。これらのファイルをレビューして、データが残っていることを確認します。Mavericksのアップグレード後にドライブのリペアを試してない場合、全てのファイルが良い状況で残されていることが期待できます。しかし、重要なファイルをプレビューし(ファイル名横の「目」のアイコンをクリックして)破損されてないことを確認することを勧めます。さらに、Disk Drillを使う前に救済措置を施した場合、ファイルのプレビューは必須です。
ファイルが真にリカバリーが可能であることはプレビューのみで確認でき、Disk Drillプロ版にアップグレードする前にやるべき行為です。スキャンチュートリアルでは、詳細なプレビュー機能性の手順書などがあります。 見つかったデータをレビューする

#8 アップグレードしてリカバーする

ファイルを識別して、それらが破損されてないことを確認できれば、Disk Drillプロ版にアップグレードしてファイルのリカバリーに進むことができます。アップグレードチュートリアルの手順に従い、Disk Drillプロ版でファイルをリカバーする方法をご参照ください。ご購入には、20%のクーポンコードMVRCK-UPD-DDTWを忘れずに使用してください。

Disk DrillはOS Xデータリカバリーには真面目に向きあります

Disk Drillのディープスキャン機能は詳細の深いところを探り、ファイル構成が残っていない場合に活用できます。アプリはハードドライブのローデータをスキャンします(FAT、NTFSやその他)。Disk Drillはバイナリーシグネチャーを探し、フラグメントを一つの構成にまとめます。認識できるファイルシグネチャーが確認できた際、簡単にXLS、DOC、AVI、MP4、JPGやその他のファイルをリカバーできます。

重要なファイルを今すぐ保護しましょう!

Disk Drill 3
Mavericks OS Xデータリカバリーに関して全てを知る
  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

ユーザーとソフトウェアプロの声

  • J. Barope
    私は、すべてのネガフィルムと VHS カセットを外部ハードドライブに変換しました。 私は、米国外で勤務する必要があり、すべてを運ぶことができないので、そのハードコピーを捨ててしまいました。 ルームメイトが誤って私のデジタル化された家族の写真やビデオの上に保存してしまいました。 私は取り乱してしまいました...。 幸いにも、Disk Drill により、これらの写真やビデオの多くを復元できました。 この復元ソフトウェアは、私の子供時代の視覚的な記憶を保存することができたので、このソフトウェアを喜んでお勧めします。
  • Disk Drillは数年前にまで遡り、削除されたファイルの復旧を行い続けます。実際、16GBのドライブをスキャンするのにかかった時間は9分以下でした。Erik Eckel