Disk Drillでワード書類のリカバリーが簡単に

重要なワード書類が失くなったり、あるいは誰かによって削除されたことを経験したことありますか?MacでMSワードあるいはMac OS Xに付いてくるアップルのワードプロセスアプリ、Pagesをお使いですか?重要な書類は早く動けば、リカバーすることが可能です。下記の手順に従ってください。
Disk Drillでワード書類のリカバリーは簡単です
今現在、MSワード書類はオープンXMLベースのDOCXフォーマットで保存され、これは標準化されて、特定的なファイルシグネチャがあり、ディープスキャンは、このシグネチャは簡単に拾うことができます。古いMSワード書類ファイルは.DOCの拡張しがあり、これらもDisk Drillのディープスキャンバイナリー再構成方法に対応しています。

また、クイックスキャンで見つかったアイテムを全て確認することも大事です。ウィンドウズの似た様なアルゴリズムに比べ、Mac OS Xが作動する方法を元にワード書類リカバリーアルゴリズムはより少ない削除されたファイルの数を取り戻しますが、直近削除されたファイルの複数のバージョンを見つけ出すことができます。いずれにせよ、Disk DrillはMacで最適な無料ワードファイルリカバリーアプリであり、一つの「リカバー」ボタンで複数の方法があることで、ほとんどの場合、最も良い結果を残します。

Disk Drillをインストールする

Disk Drillをまだ、インストールせず、重要なビジネスあるいは個人的なフォルダーが先進的なRecovery VaultGuaranteed Recoveryオプションで保護されてない場合、今すぐ、これらを有効化しましょう。Disk Drillベーシックをダウンロードし、Macに使用して、ワード書類をリカバーする方法をここで習ってください。
  • 1Disk Drillをゲットする
  • 2アプリケーションフォルダーに入れる
  • 3ロンチする

Disk Drillはどのような時に使えるか?

データロスは起こり得ることであり、いつ、私たちに影響を及ぼすかは時間の問題です。ワード書類の保管を外部ドライブあるいはシステムのSSDで行っても、ファイルが消える多くの可能性があります。
誤ってワードファイル、あるいはオーバーライとすることがあります。USBドライブはイニシャライズ、あるいはハードの問題でフォーマットされることもあります。MSワードは、編集中にクラッシュして、書類を数秒間で無効にすることもあり得ます。MSオフィスのオートリカバリー機能はそれほど信頼することができず、保存されてない書類のリカバリーや、保存ボタンを定期的に押すこともソリューションになりません。Macでワード書類をリカバーする最高のソリューションはあるのだろうか?もちろんあります、ここで記入されたものです。

最初のデータスキャンを始める時間

失われたワード書類の保管場所によって、システム(ローカルの)Macドライブ、外部ディスクあるいはDisk Drillがアクセスできる他の場所を検索するでしょう。失われたファイルがあったパーティションを選択して、Disk Drillの「リカバー」ボタンをクリックします。上級者のユーザーは、リカバリーオプションを操って方法を多少変えることもできます。また、Disk Drillの設定を見て、DOCやDOCX(マイクロソフトワード書類)のみのリカバリー検索を行うこともできます。これにより、スキャンに要する時間を短縮できます。 Macでワード書類をリカバーする

仕事フォルダーを保護する

Disk Drillのデータ保護アルゴリズムはシステムパフォーマンスに跡を残さず、安全に作動することができる上、巨大な利点を得ることがあります。Recovery Vaultは、データリカバリーが成功する可能性を複数の方法で高めます。Guaranteed Recoveryは重要なデータが失われない様にします。これらのデータ保護オプションの設定は簡単で、Disk Drill内にいつでも有効化することが可能です。また、完全に無料です。
仕事フォルダーを保護する

Macで削除されたワード書類をリカバーする

データスキャンが終了してから、Disk Drillは、ターゲットドライブからリカバー可能なアイテムのリストが表示されます。スキャン方法により、元のファイル構成が表れない場合があります。Disk Drillベーシックを作動させ、PROにアップグレードしてなくっても、多くあるプレビュー方法を利用して、見つかったワード書類の確認を行い、壊れたファイルが出ないかを確認することができます。
探していたファイルが見つかったら、リカバリー用にマークして、もう一度「リカバー」ボタンを押します。リカバーされたワード書類のコピー先、できる限り、スキャンされたドライブとは違うドライブが望ましいですが、選択します。Macでのワード書類のリカバリーには数秒間が必要であり、大事な仕事ファイル、論文やその他の重要書類が生き返ります。 Macでワード書類をリカバーする

Macでワード書類リカバリー用のディープスキャン

Disk Drillでデータリカバリーの全ての方法をお聞きになりました。ディープスキャンもその一つであります。Mac OS X用のMSオフィスは不安定であることは良く知られていますので、ワード書類のオートセーブとDisk Drillに付属している一つあるいは両方のデータ保護方法を書類フォルダーで有効化することを勧めます。万が一問題が起こってしまった場合、Disk Drillのディープスキャンとその他のデータリカバリーオプションを是非お試しください!

Macでワード書類をリカバーする方法を習う

Disk Drill 3
失われたあるいは保存されてないMSオフィス書類(ワード、エクセルなど)をリカバーする
大事な書類を失くしましたか? ワード書類リカバリーををウィンドウズ用Disk Drillで。

さらなるデータリカバリー手順

  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

リアルライフユーザーのコメントやレビュー

  • Macupdate.comのユーザー TCalhau
    このシンプルなアプリが私の人生を救うとは!大事なファイルを削除してしまったのですが、これのお陰で復旧できました!素晴らしいの一言!
  • Disk Drill 2はMacデータ管理の最初であり最後の砦です。有償版でもその仕事量を考えると購入する価値は大いにあります。OS X El Captainにそぐわない雰囲気の他に、唯一の注意すべき点があるとすれば、第四回目のバージョンである3.0への辛抱でしょうか。ベーシック版がお財布に打撃を与えず十分なサービスを提供する限りは、投資分の価値は回収することができるはずです。J.R. Bookwalter | @JRBTempe