iMacハードドライブでデータをリカバーする

ビジネス書類、家族の写真や動画を失うことは大変なことになります。iMacハードドライブからファイルがなくなっている場合、Disk Drillが役に立ちます。

iMacハードドライブ
iMacハードドライブでデータをリカバーする
?

iMacハードドライブ上のデータロスの原因は様々です。しかし、原因に関わらず — ゴミ箱を空にする行為、失われたあるいは破損されたパーティション、ハードドライブクラッシュ — Disk DrillはiMacでのハードドライブのデータリカバリーに役立ちます。 場合によって、オーバーライトされたデータは永遠に失われます — しかし、そうとも限りません!Disk DrillはiMacのスキャンを行なって、ファイルがまだ残っているかを探ることができます。さらに、Disk Drillベージック版は完全に無料です。

データをリカバーする準備をする

必要に応じて、MacデータをリカバリーをiMacの内部ハードドライブから行う場合、できる限りiMacの使用を最低限に抑え、取り戻したいデータがオーバーライトされる可能性を抑える必要があります。Disk Drillをターゲットディスクモードでのインストールやポータブルモードでのインストールをお勧めします。さらに、取り戻したファイルを保存できる大容量の外部ドライブも用意しましょう — できれば、iMacハードドライブ全体のコピーが可能な容量が望ましいです。さらに、SSD搭載のiMacであれば、この記事をお読みください (フラッシュ又はフュージョンドライブ)。

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    Disk Drillをダウンロードする

  • アプリケーションフォルダーにドラッグする
    2

    アプリケーションフォルダーにドラッグする

  • Disk Drillをロンチする
    3

    Disk Drillをロンチする

インストールしてスキャンする

Disk Drillのインストールを他のMac(ターゲットディスクモードをお使いの場合)あるいは外部ドライブ(ポータブルモードをお使いの場合)にします。インストールができれば、アプリをロンチして、iMacリカバリーの準備をします。

プレビューしてリカバーする

ファイルのリストをご覧になり、必要なファイルがあるかを確認します。ファイル名が変更されてる可能性もあるため、ファイルタイプやファイルサイズでフィルターをかけて、リストを分類できます。

ディープスキャンはファイルシグネチャーを重視しています

ディープスキャンでハードドライブのローデータを読み取る際、Disk DrillはFATNTFS、やその他であろうが、それは問いません。全てのデータはビット化されてるためハードドライブリカバリーソフトウェアとして機能します。ここが正に、Disk Drillがファイルシグネチャーの知識を活用する場面です。多くのファイルシグネチャーを知っています!知られているシグネチャーを確認できれば、様々なファイルタイプ、.jpg.doc.xlsなどの取り戻しが可能になります。

躊躇する理由はなし!

Disk Drill 4

その他の方法の手順

データリカバリーセンター

お客様とソフトウェアグルーの声

世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています