Mac Miniハードドライブからデータをリカバーする方法

まさかの時にデータを失うことがあります。重要なファイルを失った場合、Disk Drillを使って、Mac Miniで削除されたデータを簡単な手順でリカバーするお手伝いができます。

Mac Miniハードドライブ
Mac Miniハードドライブからデータをリカバーする方法
?

Disk Drillは如何なるファイルタイプをリカバーできます — マイクロソフトオフィス書類、写真、動画、ジップファイルまたは音楽ファイル。誤ってゴミ箱を空にしたことからファイルが見えなくっても、誤ってドライブのりフォーマットしても、あるいはパーティションを失った場合やその他の状況でも、Disk Drillは目に見えないデータをドライブから見つけることができます。

さらに、Mac Miniデータリカバリー用Disk Drillベーシック版は完全に無料です。これにより、Mac Miniで削除されたデータをリストアでき、ファイルをプレビューして必要なファイルがあることを確認してから、アップグレードする決断を下すことができます。

リカバリーの準備をする

Macの内部ハードドライブからのリカバリーは外部ドライブからのリカバリーよりは複雑です。最初の手順として、できる限り、Macの使用を控えるようにします。取り戻そうとしているデータは如何なる作業によりオーバーライトされる可能性があります。理想的には、削除されたファイルのリカバリーをターゲットディスクモードで他のMacを使用して試みます。それが不可能である場合、Disk DrillをポータブルモードでのインストールをUSBドライブで勧めます。 さらに、Mac Mini SSDでデータをリカバーする場合、この記事をお読みください(例えばフュージョンドライブうのフラッシュ保管部分)。

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    Disk Drillをダウンロードする

  • アプリケーションフォルダーにドラッグする
    2

    アプリケーションフォルダーにドラッグする

  • Disk Drillをロンチする
    3

    Disk Drillをロンチする

大容量の外部ドライブを接続する

Mac Miniハードドライブリカバリーの過程では、ファイルをリカバーするため、外部ドライブが必要になります。理想的には、ハードドライブ全体のコピーができる容量であることが望ましいです — その場合、スキャンしてコピーからリカバーすることができ、元のデータに手を付ける必要がなくなります。

Disk Drillをポータブルモードでインストールする

ターゲットディスクモードが使用できない場合、ポータブルモードでの使用をお勧めします。MacにUSBドライブを接続して、Disk Drillアプリをダウンロードします。 インストレーションの過程では、Disk Drillアプリをアプリケーションフォルダーにドラッグせず、USBドライブにドラッグします。

ドライブをスキャンする

USBドライブから無料Disk Drillソフトウェアプログラムをロンチして、Mac Miniハードドライブパーティションをドライブのリストから選択します。「リカバー」ボタンをクリックして、Mac Miniハードドライブデータリカバリーを開始します。

プレビューとリカバリー

スキャンが終了したら、各ファイルの横にあるプレビュー(目)のアイコンをクリックして各ファイルをプレビューすることができます。ファイルが破損されている可能性があるため、プレビューすることは必要です。

ディープスキャンはファイルシグネチャーを認識します

ハードドライブのローデータを探る際、ディープスキャンはFAT、 NTFSなどを区別することはありません。Mac Miniハードドライブリカバリーソフトウェアから見て、全てのデータはビットにすぎません。アクセスできるデータのフラグメントを全てかけ分ける際、Disk Drillはファイルシグネチャーの知識を活用します。知られたシグネチャーが見つかった時、例えば.jpg、.doc.xlsなど、すべては簡単にリストアできます。

無駄にする時間はありません!

Disk Drill 4

その他の手順方法

ファイルリカバリーリソース

お客様とソフトウェアグルーの声

世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています