Mac OS Xで削除されたファイルをリカバーする

誤ってファイルを削除したら、嫌ですようね。しかし、もう悩む必要はありません。Disk DrillはMac OS Xで簡単かつ素早く削除されたファイルをリカバーする方法を提供しています。内部ハードドライブあるいはMacに接続できるその他の保管デバイスから削除されたMacファイルをリカバーすることができます。
Mac OS Xで削除されたファイルをリカバーする
Disk Drillには、フェイルするドライブを含め、Macから削除されたファイルをリカバーする複数のスキャンテクニックがあります。今すぐ削除されたファイルを取り戻したり、常にデータを保護する場合など、Disk Drillは最適なソリューションです。

HFS+、FATやNTFSを含む全ての主なファイルシステム用に、クイックリカバリーを行うことができます。今までに容易な方法でMacで削除されたファイルをリカバーすることが可能になり、さらに、ハードドライブやデバイスをスキャンして、無料でリカバーできるファイルを確認することができます!

Macコンピュータで削除されたファイルをリカバーする方法を下記に記載しています。詳細なチュートリアルは、Disk Drillをインストールする方法Disk Drillベーシックを使って失われたファイルをリカバーする方法ナレッジベースで参照ください

#1 Disk Drillをダウンロード、インストールする

最初の手順は無料のDisk Drillアプリケーションをウェブサイトからダウンロードしてください。Mac OS X 10.8.5以降が必要になります。ダウンロードが完了したら、"diskdrill.dmg"ファイルをダウンロードフォルダーから探し、ダブルクリックします。プロンプトが出たら、Disk Drillアイコンをアプリケーションフォルダーにドラッグします。

  • 1Disk Drillをダウンロードする
  • 2アプリケーションフォルダにドラッグする
  • 3Disk Drillをロンチする

#2 デバイスをMacに接続する

外部デバイスから削除されたファイルをリカバーする場合、そのデバイスを今、Macに接続します。Mac内部ハードドライブの削除されたファイルをリカバーする場合、この手順を飛ばします。

#3 Disk Drillアプリケーションをロンチする

Disk Drillがインストールされたら、ロンチします。ポップアップする最初のウィンドウには、最初の3つのボックスにチェックを入れることを勧めます。次に、Disk Drillがドライブをスキャンする用、パソコンのアドミニパスワードを入力し、許可します。アップグレードを促す画面が現れた時には、「いいえ、ベーシック版で大丈夫です。」を選択します。スキャン結果を確認して、削除されたファイルが見つかった場合、PROにアップグレードすることができます

#4 スキャンするドライブを選択する

Disk Drillのメインウィンドウには、パソコンに接続されたドライブのリストが現れます。削除されたファイルのドライブを選択して、その隣に「リカバー」ボタンを押します。これで完了です。Disk Drillは全てのスキャン方法を実施します。
上級ユーザーで、Macファイルのリカバーに特定のスキャン方法を実施したい場合、リカバーボタンのドロップダウン矢印をクリックして、スキャン方法を選択することができます。

失われる前に、ケアしましょう!

Disk Drillはファイルの保護を確約します。Recovery VaultとGuaranteed Recoveryオプションにより、ファイルを保護し、事件を防ぎます。Macでまた、削除されたファイルをリカバーする必要はありません!Recovery Vaultは、Disk Drillが容易に削除されたファイルを探す様、特別なマップを作成し、Guaranteed Recoveryは、ゴミ箱に移動されたファイルの目に見えないコピーを作成さいます。これにより、重要データの整合性と安全が保証されます。

ファイルを大事にする-ファイルを保護する

#5 保護されたデータの削除を元に戻す

ファイルを削除する前にDisk Drillをインストールしていた場合、Disk Drillのデータ保護機能、Recovery VaultやGuaranteed Recoveryを有効にしていた可能性があります。これらのパワフルなデータリカバリーツールは、データを取り戻す確率を高めます。
リカバーボタンをクリックしたら、Disk Drillはまずこの方法から試します。これが成功しない場合、クイックスキャンを試します。

#6 削除されたファイルのクイックスキャン

保護されて削除されたデータを取り戻すことができない場合、クイックスキャンが次のオプションになります。クイックスキャンを実施した場合、ファイル名を含むメタデータを、取り戻されたファイルに残します。この方法を使って、HFS/HFS+、FATやNTFSファイルシステムで削除されたファイルをリカバーすることが可能です。しかし、クイックスキャンでもファイルが見つからない場合、ディープスキャンが最もパワフルで最終手段になります。 Macで削除されたファイルを取り戻す

#7 失われたデータ用のディープスキャン

他の方法が失敗しても、ディープスキャンは削除されたファイルのリカバーを成功させることができます。ディープスキャンは、全ドライブをバイナリーレベルでスキャンします。ドライブのサイズにより、これには数時間が必要になります。しかし、ディープスキャンは、ファイルのメタデータを取り戻すことができず、元のファイル名が失われます。このため、メタデータが取り戻されない場合、file567.docや、Disk Drillがある程度のメタデータを取り戻した場合、ファイルタイプの名前、例えば写真の場合、1920x1200.jpgと言った名前になります。スキャンが完了したら、ファイルをソートしてプレビューし、削除されたファイルで取り戻したいファイルを探すことができます。 Macで削除されたファイルを取り戻す

#8 削除されたファイルを選択する

Disk Drillのスキャンが完了したら、見つかったファイルのリストが現れます。特定なファイルをお探しの場合、結果をソートして、現れるファイルを数を減らすことができます。

左上にある虫眼鏡のボックスにキーワードを入力してファイル名で検索できます。ディープスキャンではファイル名が保存されないため、日付とファイルタイプで検索範囲を縮めます。

また、時間を調整して、直近数日間等で削除されたファイルを見せるようできます。 その価値でソートを行うため、コラムヘッダーをクリックします。可能性があるファイルが見つかった場合、その横にある「目」のアイコンをクリックしてプレビューを見ることができます。ファイルが壊れている場合もありますので、プレビューでファイルがリカバー可能であるかどうかを確認できます。リカバーしたいファイルが確定したら、ファイル名の横にあるボックスをクリックします。 Macで削除されたファイルを取り戻す

#9 Macで削除されたファイルを取り戻す

ファイルを選択したら、リカバーされたファイルを保管する場所を選択し、右上にあるリカバーボタンを押します。Disk DrillのPRO版を使用せず、クイックスキャンまたはディープスキャンを使用の場合、このようにプロンプトされます。アップグレードをが完了してからリカバーボタンを押して、削除されたMacファイルを始めます。

おめでとうございます!これでMac OS Xから削除されたファイルのリカバリー方法がわかりました。今すぐDisk Drillベーシックをダウンロードして、始めましょう。 Macで削除されたファイルを取り戻す

Disk DrillはMac OS Xで削除されたファイルをリカバーする最高の方法です

絶望的な場合も、Disk Drillはできる限りのことを行います。Disk Drillのディープスキャンは、基本的なファイル構成からファイルシグネチャーを探し出し、部分的に組み合わせ、ファイルを取り戻すようにします。知られているシグネチャー程、様々なタイプの削除されたMacファイル、XLS、DOC、AVI、MP4、JPG等を含み、リカバーし易いです。

Macで削除さらたファイルを取り戻すことができます!

Disk Drill 3
Mac OS Xで削除されたファイルをリカバーして保護し、失われないようにする!

Mac OS Xでファイルを取り戻すさらなる方法

  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

Disk Drillのファンの声

  • Madelyn Kotara
    感謝してもしきれません!ある日スマホのデータが全て消えてしまいました。パソコンに.rarアーカイブがあったのですが、これもその前日の夜に削除してしまっていたのです。Disk Drillを試したら100%元通りになりました。ありがとうございます!
  • Disk Drillは数年前にまで遡り、削除されたファイルの復旧を行い続けます。実際、16GBのドライブをスキャンするのにかかった時間は9分以下でした。Erik Eckel