Mac OS Xで削除された電子メールをリカバーする方法

Appleメールやその他の電子メールクライアントは、データをMac自体に保存します。これは便利は機能性ですが、少し誤った際には、数多くの大事な電子メールが失くなることがあります。Disk Drillは数本の簡単な手順に従うことで、その重要な電子メールをリカバーするお手伝いができます。
Mac OS Xで削除された電子メールをリカバーする方法
電子メールのデータロスは破損されたハードウェアや誤った削除など様々です。データロスの原因に関わらず、Disk DrillはApple Mail、Outlook for Mac、Mailbirdやその他の電子メールクライアントの電子メールデータベースやストレージコンテナーのリカバリーを手伝うことができます。電子メールがMac自体にデータが保存されている場合Disk Drillは使用できますが、電子メールをブラウザーを通しオンラインのみ(Gmail、Yahoo、OutlookやLive.com)で使用の場合、残念ながら、Disk Drillは電子メールのリカバリーには使えません。

この記事を読んでいる場合、削除されたGmailやヤフー電子メールのリカバリーをどのように行えるかを考えているでしょう。GmailやヤフーのアカウントがMac上でApple Mail、Outlook、Mailbirdやその他のデスクトップ電子メールクライアントにリンクされているのであれば、ファイルをリカバーすることができます。

これは削除された電子メールリカバリーのクイックガイドとなっています。他の使い方の手順など、Disk Drillの使い方やデータリカバリーの様々な方法などをご参照下さい。

#1 さあ、始めましょう

削除された電子メールをリカバーするにはまず、Disk Drillをダウンロードする必要があります。Disk Drillをアプリケーションフォルダーにドラッグすることで、インストールします。プロのヒント: Disk Drillをドックに加えることで将来、電子メールをリカバーする際、素早くアクセスすることができます。
  • 1Disk Drillをダウンロードする
  • 2アプリケーションフォルダーにドラッグする
  • 3アプリをロンチする

#2 ドライブを選択する

電子メールを取り戻したいドライブを選択し、ヤフーメールやGmailをリカバーする場合、それらが保存されていたドライブを選択します。これは、おそらく主要なMac OS Xドライブになります。
プロのヒント: Macに接続された他のパソコンのハードドライブから電子メールをリカバーする場合、システムのMac OS Xパーティションではなく、その接続されたハードドライブを選択する必要があります。

#3 クイックスキャンを実施する

HFS+、FATとNTFSなどのほとんどのファイルシステムにフォーマットされたハードドライブは、クイックスキャンで素早くリカバーすることができ、「リカバー」ボタンを押して削除された電子メールをリカバーすることができます。Disk Drillの統一された「リカバー」ボタンは、ドライブに合わせて、最も効率的なリカバリーアルゴリズムを実施していることを保証し、これによりリカバリー時間やリカバーされたデータの量の最適化を図ます。

プロのヒント: ターゲットドライブやパーティションの横にあるメインの「リカバー」ボタンのギアーアイコンから特定なリカバリー方法をカスタマイズすることができます。

#4 さらなる結果を得るためにはディープスキャンする

パソコンのドライブが破損されている場合あるいはファイルシステム(フォーマット済み)がない場合でも、Apple Mailで保存されたヤフーメールやGmailやその他のローカルに保存された電子メールのデータベースのフォーマットが対応している場合。例えば、Outlook for Macは全てのメッセージコンテンツをOLK14MSGSOURCEファイルとして保存し、これはDisk DrillのDeep Scanは対応しています。ディープスキャンを実施するさらなる詳細を見る

電子メールを失うことは阻止できます!

Disk Drillの無料データ保護アルゴリズムが有名であり、Guaranteed RecoveryRecovery Vaultがあります。誤ってローカル電子メールデータベースを削除する場合、これらのアルゴリズムを使うことができます。Disk Drillにより保護されたデータストレージからデータをリカバーすることは確実であり、無料のDisk Drillベーシック版に含まれています。
電子メールを失うことは阻止できます!

#5 リカバーされた電子メールをインポートする

AppleのMailアプリとDisk Drillのクイックスキャンを例をして使います。電子メールリカバリーが完了できれば、「メール」フォルダーの中にある「Apple Mail」フォルダーを探す必要があり、削除されたメールを他のメールクライアントからリカバーする際、メールの位置が多少変わることがあります。「Apple Mail」フォルダーが見つかったら、中には「EML / EMLX」と「MBOX」ファイルを確認することができるでしょう。

Apple Mailにリカバーされたメールをインポートするには:

  1. Apple Mailを開く
  2. ファイルをクリックして -> メールボックスのインポート
  3. 「Apple Mail」をデータタイプとして選択します
  4. Disk Drillが、削除された電子メールをリカバーしたのフォルダーを探し、そこで「選択する」を押します。
  5. 「続ける」ボタンをクリックしてリカバーされた電子メールのインポートを開始します
  6. プロンプトが来たら「終了」をクリックして、リカバーされたメールボックスの名前を記録してください。
マイクロソフトのOutlookのMac版に関して、リカバリーが完了したら、.OLK14ファイルを探してください。一般的には、Disk Drillがこれらの電子メールをリカバーする場合、電子メールを開くためにそれらをダブルクリックして開き、Outlookにインポートします。それでも反応がない場合、ファイルの名前を*.EMLに変更してもう一度お試しください。
Mailbirdアプリをお使いの場合、リカバーされた「ストア」フォルダーを探し、中に一つかそれ以上の「Store.db」ファイルがあるでしょう。リカバリーの際、「MessageIndex」ファイルもある場合がありますが、これらは重要ではなく、次回ロンチする際、Mailbirdが再作成しますが、これらのコピーを取ることも賢明でしょう。Disk Drillがこれらの電子メールコンテナーをリカバーできたら、それをMailbirdのインストレーションフォルダーにコピーしてください。

Disk Drillは削除された電子メールをリカバーする最高の方法です

Disk Drillはビジネスや個人的な用途に削除された電子メールのリカバーのお手伝いを行うことができます。Disk Drillはヤフー電子メールのリカバリー、Gmailから削除された電子メールのリカバリー、とその他の電子メールプロバイダーに使用することができます。Mac OS XでApple Mail、Mailbirdやその他のポピュラーなクライアントで電子メールが保存されていた場合、Disk Drillは失われた電子メールのリカバリーに使用することができます。

削除されたあるいは失われた電子メールをリカバーする

Disk Drill 3
Appleメール、Outlookやその他の電子メールリカバリーアプリ
  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

是非、声をお聞かせください!

  • Cyberbrent
    びっくりする程活躍しています!数回クリックするだけなのですが、シンプルにも関わらず、400個以上の写真が復旧されました。
  • データ復旧作業はできれば出くわしたくない敵ですが、それでも不測の事態には、Disk Drillのようなプログラムが役に立ちます。Bakari Chavanu