Mac OS XでPPTファイルをリカバーする方法

重要なパワーポイントやキーノートのプレゼンをなくすことは大変です。しかし、Macでのプレゼンのデータリカバリーは可能です – Disk Drillが役に立ちます。

PowerPointプレゼンテーション
Mac OS XでPPTファイルをリカバーする方法
?

ファイルが削除されても、新しいデータによるオーバーライトまでは、目に見えないコピーが残っている場合があります。Disk DrillはMacをスキャンして、隠されたファイルを探し出します。さらに、失われあるいは破損されたパーティションのリペアもできるため、外部ドライブでファイルが見えない時にも役に立ちます。

Macでのプレゼン用リカバリーの手順は下記にあります。Disk Drillのベーシック版は完全に無料であるため、アプリをダウンロードして、試みることに全くリスクはありません。

#1 ダウンロードしてインストールする

無料Disk Drilベーシック版アプリをダウンロードします。インストレーションファイルをダウンロードしてから、ダブルクリックし、インストールの手順に従います。それが完了すれば、アプリをロンチします。

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    Disk Drillをダウンロードする

  • アプリケーションフォルダーにドラッグする
    2

    アプリケーションフォルダーにドラッグする

  • Disk Drillをロンチする
    3

    Disk Drillをロンチする

#2 ファイルタイプを選択する

Macでプレゼンリカバリーを行う際、ファイルタイプがわかっているため、すぐに上のメニューバーにあるDisk Drill > 設定に行きます。「ファイルタイプ」タブを選択します。下にある「設定をクリアする」ボタンをクリックして現在選択されてる全てのファイルタイプをクリアにします。

#3 失われたファイルを探すためスキャンする

プレゼンファイルが失われたドライブを選択して、「リカバー」ボタンを押します。Disk Drillは全てのMacデータリカバリーツールを活用して、プレゼンを探し、結果を表示します。元のファイル名が失われている可能性が高いため、入念にファイルリストをレビューしてください。ファイル名横にある「目」のアイコンをクリックしてファイルをプレビューすることができます。ファイルが破損していないことを確認するには、ファイル全体をプレビューする必要があります。

失われたファイルを探すためスキャンする

#4 リカバーして保護する

Mac OS Xでリカバーする必要のあるプレゼンが見つかった場合、それらを選択して、「リカバー」ボタンを押します。Disk DrillはDisk Drillプロ版へのアップグレードの手順を表示して、リカバリー過程を完了させます。

Disk DrillはMac OS Xでのプレゼンのリカバリーに真面目に立ち向かいます

Disk Drillはファイル構成がない時、深くスキャンします。リカバーするドライブのタイプ – FAT、NTFSなど – に関わらず、ファイルシグネチャーを探し続けます。それでDisk Drillはフラグメントと一緒にすることで、PPT、KEYやODPファイルだけでなく、XLS、DOC、AVI、MP4、JPGやその他をリカバーします。

    重要なプレゼンを今すぐ保護しましょう!

    Disk Drill 4

    その他の手順書の記事

    さらにディスクリカバリーに関して…

    他のユーザーやソフトウェアプロによるレビュー

    世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています