Macで削除されたゴミをリカバーする方法

Macのゴミからファイルをリカバーすることは不可能に思われるでしょう。でも、そうでもないです!Disk Drillデータリカバリーアプリで失われたデータはクリック数回と数分間で取り戻すことができます。さらに、完全に無料であり、ゴミ箱が削除されても削除されたデータ(確実に空にした場合は取り除き)を見つけることが可能です。
Macで削除されたゴミをリカバーする方法
常に起こります:ファイルをゴミ箱に入れてから数分(あるいは数日後)ファイルが必要であったことに気付くことでしょう!心配ご無用。ゴミ箱を空にしても、Macのゴミ箱から削除されたファイルを取り戻す可能性は高いです。Disk DrilはMacのゴミ箱からファイルを無事にリカバーすることができます。

Macのゴミ箱からリカバーする方法の概要を下記にお読みください。私たちのナレッジベースから詳細なチュートリアル、Disk Drillをインストールする方法Mac内部ハードドライブから失われたファイルをリカバーする方法をご参照ください。

#1 Macのゴミ箱から効率的にリカバーする方法をレビューする

弊社の記事、ファイルリカバリーの可能性に影響を与える様相をお読みになり、Mac OS Xから削除されたゴミをリカバーする方法を理解してください。ゴミ箱を最近からにして、「確実にゴミ箱を空にする」機能を使ってない場合、可能性は高いです。

#2 Disk Drillをダウンロードしてインストールする

まだされていない場合、完全に無料のDisk Drill Basicをダウンロードし、インストールしてください。Mac内部ハードドライブのゴミからリカバリーを行う場合、外部ドライブ(ポータブルモードを使用して)インストールしてください。こうすることにより、ソフトウェアをインストールする際に失われたファイルがオーバーライトされることを避けることができます。
  • 1Disk Drillをダウンロードする
  • 2アプリケーションフォルダーにドラッグする
  • 3Disk Drillをロンチする

#3 ゴミ箱から削除されたファイルをスキャンする

Disk Drillをロンチし、ポップアップウィンドウが表れた場合、全てのオプションからチェックを外し現時点で余分なものをインストールするのを避けます。メインウィンドウが表れた場合、ハードディスクを選択して、「リカバー」をクリックする。これにより、ハードドライブのスキャンが始まり、Mac OS Xのゴミから削除されたファイルのリカバーを試みます。 ゴミから削除されたファイルのスキャンをする

#4 見つかったファイルをレビューする

スキャンが終了したら、Disk Drillは見つかったファイルをリストを表します。場合により、オリジナルのファイル名が失くなっていることもあるため、結果を日付、サイズやタイプからフィルターすることができます。Disk Drillでファイルをプレビューするため、「目」のアイコンをクリックします。
ファイルを全体的にプレビューしてファイルが完全で壊れていないことを確認してください。Macで空にされたゴミ箱からリカバリーが成功する可能性は高いです。

ファイルを安全かつ完璧に保護して保つ

Disk Drillは究極なMacゴミリカバリーアプリであり、ユニークな機能で書類の保護に努めます。アプリにはGuaranteed RecoveryとRecovery Vaultのオプションがあります。Guaranteed Recoveryは、ゴミ箱に移動されたファイルの目に見えないコピーを作成して、いつでもゴミからのリカバリーを可能にします。Recovery VaultはDisk Drillが失われたファイルを見つけるための「マップ」を構成します。
ファイルを完全かつ保護して保つ

#5 Mac OS Xから削除されたゴミをリカバーする

必要なファイルが見つかったら、横にあるボックスにチェックを入れ、リカバーを推します。Disk Drillはファイルリカバリーの手順を示します。 Mac OS Xで削除されたゴミ箱をリカバーする

#6 Guaranteed Recoveryを設定する

Macで削除されたゴミ箱のリカバリーを終えたら、再び同じ事故が起こらないようにしましょう。これにはDisk DrillのGuaranteed Recovery機能が最適です。Guaranteed RecoveryはMacのゴミ箱をモニターして、ゴミ箱に送られたファイルすべての目に見えないコピーを作成します。
これにより、ゴミ箱を空にしても、常にファイルのコピーが残ります。Disk DrillをMacのハードドライブにインストールして、下記の手順に従い、Recovery Vaultを使う方法Guaranteed Recoveryを作動させます。後に、Macのゴミ箱から削除されたファイルのリカバリーには心配いりません。 Guaranteed Recoveryを設定する
これだけです:6つの簡単な手順でMacで削除されたゴミ箱をリカバーする方法。

Disk DrillはMac OS Xのゴミをリカバーする最適なツールです

ディープスキャンを使い、ファイル構成がほとんどない場合でも効率的に取り戻しましょう。ファイルが随分前にゴミ箱に移動されたとしても、Disk Drillはファイルシグネチャーの知識を使い、正しいファイルを取り戻すようにします。例えばXLS、DOC、AVI、MP4、JPGやその他のファイルなどは、Macのゴミ箱から削除されても必要なシグネチャーが見つかった場合、簡単に取り戻すことが可能です。

Mac OS Xのゴミをリカバーできます!

Disk Drill 3
Macのゴミ箱から削除されたファイルをリカバーして今すぐ取り戻す!
内部あるいは外部ハードドライブのon Windowsゴミ箱をからにして削除されたファイルをリカバーしましょう。

ファイルリカバリーに関するさらなる方法

  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

Disk Drillのファンのレビューを読む

  • Samanta J
    このアプリには、非常に好印象を抱いています。インターフェースは直感的で、いくつもの動画がすぐに復旧され、性能の高さを感じます。
  • データ復旧作業はできれば出くわしたくない敵ですが、それでも不測の事態には、Disk Drillのようなプログラムが役に立ちます。Bakari Chavanu