Linuxデータリカバリー — その方法

Disk Drillはどのようなファイルタイプでリカバーでき、これにはLinuxエコーシステムのファイルも含まれます — Firefoxブックマークやセッションファイル、Gnomeオフィス書類、GIMPグラフィックプロジェクト、写真、動画、PeaZip、XarchiverとFile Roller圧縮ファイル、音楽ファイルやその他など。Disk Drillは簡単にLinuxハードドライブから他のデータでオーバーライトされてないファイルをリカバーできます。

Linuxデータリカバリー
Mac OS XでのLinuxデータリカバリー

準備を整え、リカバリーを始めましょう

LinuxはOSプロがよく使いますが、Linuxパソコンは他のパソコン同様、データロスの事故などに会うこともあります。もし、Linuxファイルリカバリーソフトウェアが必要であれば、Disk Drillは効率的にLinuxハードドライブリカバリーを行います。

Disk DrillはMac用にあり、さらに、ウィンドウズパソコンにも使え、これによりMac OS X(あるいはMacOS)あるいはウィンドウズXPを始め、ウィンドウズで作動します。Linux用のDisk Drillはまだありませんが、将来的にこれを作ることを検討しています。それまでは、削除されたLinuxデータをリカバーするには、失われたLinuxデータのあるハードドライブやその他のデータストレージデバイスをDisk Drillがインストールされたる他のパソコン(Macあるいはウィンドウズ)に接続する必要があります。それができれば、システムがディスクを認識していることを確認します。Disk Drillを作動させ、削除されたデータがリカバーされることを見る準備をしてください。

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    失われたデータのデバイスを接続する

  • アプリケーションフォルダーにドラッグする
    2

    Disk Drillを作動する

  • Disk Drillをロンチする
    3

    スキャンして、リカバーする

リカバーされたデータを保管する先を知る

Disk Drillベーシック版はでLinuxファイルリカバリーは無料で行うことができます。削除されたデータを見つけ、ファイルをプレビューし、ファイルがリストアできることを数分間で確認することができます。

例えば、シンプルな1TBのハードドライブリカバリーは5から20分かかり、それ以上かかることはあまりありません。スキャンすることにより、削除されたLinuxデータの50%から100%を見つけ、複数の要因により、リカバリーの確率は大体95%ぐらいです。Disk Drillはロストパーティションサーチやディープスキャンなどの方法で高いリカバリーの確率を維持することができています。しかし、データリカバリーが確実に行えることを確認する方法は一つしかありません – それはファイルプレビューです。これに関する他の情報は弊社のウェブサイトとナレッジベースを参照ください。

統一されたリカバリーを実施する

Disk Drillのユーザーインターフェースはシンプルさと明快さにつきます。リストでソースディスクが確認できれば、「リカバー」ボタンをクリックします。この同一されたリカバリー方法はディスクに使える全てのリカバリーアルゴリズムを個々に実施します。ほとんどの場合、最も高いリカバリー確率を保ちたい場合、これを実施するべきです。リカバリーの前に、Linuxパーティション全体を失ってない場合、失ったデータのパーティションだけでなく、のドライブ全体のスキャンをお勧めします。

同一されたリカバリーを実施する

あるいは特定なリカバリー方法を選択する

Linuxハードドライブリカバリーにはもう一つの方法があります。Disk Drillはパソコンスペシャリスト用の優れたツールであり、プレミアムレベルのユーザー用にEnterprise版 を提供しています。弊社の様々なリカバリー方法をわかっている場合、リカバリー過程を詳細にコントロールすることができます。是非、同一された「リカバー」ボタン(ウィンドウズ用Disk Drillをお使いの場合、これは矢印のように表示されます)「ギアー」アイコン - ⚙️ - をクリックしてください。これでメニューが表示され、そこから実施したいリカバリー方法をピンポイントすることができます: クイックまたはディープスキャン、パーティションサーチとその他。Disk Drill 3.0以降、クイックスキャンは最近失われたLinuxファイルをEXT4パーティションからリカバーできます。

見つかったデータをプレビューして、リカバーする

全てのデータリカバリーはスキャンから始まります。Linux RAIDリカバリや普通のファイルリカバリーを行う場合、データがまだ存在し、デバイスをラブラトリーに持って行かずにリカバリーできるかを確認するのが第一歩になります。Disk Drillの同一リカバリーを実施してあるいは特定なアルゴリズムを実施してからデータが見える場合、Disk Drillが表示したリストをプレビューしてデータがリカバーできるかを確認します。Disk Drill PRO版を所有している場合、全てのスキャン結果を他のディスクにマウントするもっとシンプルなオプションがあります。これにより、全ての確認行動はファインダーウィンドウで実施することができ、リカバー可能なアイテムの管理はハードドライブにある普通のファイルとして行うことができます。リカバーするファイルを選択したら、最終的なリカバーボタンを押して、そのファイルの保存先を確認して、Linuxデータのリカバリーと再構成に数分間与えます。

見つかったデータをプレビューして、リカバーする

残された部分から再構成するためにディープスキャンする

今は、Linux用Disk Drillはありませんが、現在存在するリカバリーオプションでリカバリーの成功を導くことができます。ディープスキャンでLinuxドライブを分析する際、ドライブはシングルのバイナリーエンティティとして扱われ、暗号化されてない場合、そのファイルシステムにそれがパーティションされてるかはDisk Drillには関わりません。Disk Drillがデータベースからファイルシグネチャーを識別したら、様々なファイルフォーマットは簡単かつ早くリカバーすることができます: 写真、書類、アーカイブ、映画やその他多数。

Disk Drill 4

他のデータリカバリーヒントをお探しですか?

失われたデータリカバリー大学

百以上のDisk Drillでの成功例をご覧ください

世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています