Mac OS X Yosemiteでファイルをリカバーする方法

Macハードドライブリカバリーが複雑である場合があります。良報は、Disk Drillはこの複雑なタスクをシンプルに変えます。必要な時にMacハードドライブからファイルをリカバーする場合 — 内部あるいは外部ドライブに関わらず、Disk Drillはデータを素早くリカバリーを可能にすることができます。
Mac OS X Yosemiteでファイルをリカバーする方法
AppleのOS X Yosemiteにアップグレードした場合、アップグレードの際やその直後に重要なファイルを失った可能性があります。Macユーザーは特に失われたBoot Camp Windowsパーティションに問題が生じていることを報告しています。さらに、Time MachineはBoot Campパーティションのファイルをバックアップしないため、問題が深刻になっています。

データを失うことで怖いことやうんざりすることはありますが、Disk Drillは完全にYosemiteに対応しているため(最新のコアストレージパーティションを含め)失われたデータを探し出す可能性は大いにあります。

#1 Disk Drillをダウンロードして、インストールする

Macの内部ハードドライブからリカバーする場合、アプリを外部ハードドライブあるいはUSBフラッシュドライブに保存して、データのオーバーライトを避けます。これを行うには、Disk DrillのダウンロードをMacBookに普通にCleverFilesウェブサイトから行い、ディスクイメージをダブルクリックして、Disk Drillアイコンを外部ドライブにドラッグします。ファイルを内部ハードドライブからリカバーしない場合、アイコンをアプリケーションフォルダーにドラッグすることができます。
  • 1Disk Drillをダウンロードする
  • 2アプリケーションフォルダーにドラッグする
  • 3Disk Drillをロンチする

#2 アプリをロンチする

Disk DrillをMacにダウンロードしてからアプリをロンチして、準備を整えます。この際、インストールする他のオプションの問い合わせがあるでしょう。この時に他のデータリカバリー機能強化をインストールする必要がないため、全てのボックスからチェックを外しください。

#3 スキャンする準備をする

Disk Drillがロンチされたら、ドライブ(内部や外部両方)のリストが表示されます。削除され、リカバーしたいYosemiteファイルが搭載されているボリュームをクリックします。Yosemiteで失われたパーティションをリカバーしたい場合、パーティションだけでなく、ボリューム全体を選択します。

#4 ボリュームをスキャンする

スキャンしたボリュームの横にある「リカバー」(あるいは「リビルド」)ボタンをクリックします。Disk Drillはボリューム全体のスキャンを行い、全てのスキャンアルゴリズムを個々に活用します。
失われたパーティション又は破損されたパーティションがある場合、「ユニバーサルパーティションサーチ」機能性を活用して、そのパーティションのリペアを試みます。パーティションヘッダーが他のデータによりオーバーライトされていなく、ディスク自体に物理的な傷がそのセクターにない場合、そのパーティションを探し出す可能性は高いです。 ボリュームをスキャンする

#5 Yosemiteでパーティションデータをリカバーする

Disk Drillは失われたパーティションを見つけた場合、スキャン結果にはリカバリー可能のデータを表示し、Mac Yosemiteのデータリカバリーの保存先を選択することのみになります。他の方法としては、失われたパーティションはHFS+カタログリビルドアルゴリズムでリビルドが可能な場合、対応するオプションはディスクリストに表示され、リビルドボタンをクリックすることができます。リビルドされたファイル構成が正しい場合、パーティションをマウントしてデータをバーチャルディスクとしてコピーする方法やリペアされたカタログをソースドライブに書き込むことができます。
リカバリーを完了するには、下記の指示に従いDisk Drillプロ版にアップグレード PROします。リビルド構成が正しくない場合、後ろの矢印をクリックして、他のリカバリーオプションを試してください。

運を試さないで — 今すぐデータを保護しましょう!

Disk Drillはいかなる場合のデータロスからファイルを守るための保護機能性を提供しています。S.M.A.R.T.モニタリングオプションはハードドライブを見守り、正常に作動しない場合、すぐにそれを察知します。Guaranteed Recoveryゴミ箱に移動されたファイルの目に見えないコピーを保存することにより、必要な際にリカバリーを可能にします。Recovery Vaultは全てのメタデータを保存して、ファイル名や位置情報のリカバリーを可能にします。
今すぐデータを保護しましょう!

#6 Yosemiteで削除されたファイルをリカバーする

パーティションではなくファイルを探している場合、スキャンの際Disk Drillがリカバーできたファイルのリストをレビューすることができます。ファイルには正しいファイル名が残ってないこともあるため、ファイル横のプレビュー(目)アイコンをクリックして、プレビューする必要があります。ファイルをサイズ、日付やファイルタイプ毎にソートすることでその範囲を縮めることができます。失われたデータが見つかれば、Disk Drillプロ版にアップグレードして、ファイルをリカバーすることができます。 Yosemiteで削除されたファイルをリカバーする
これでお終いです!また、将来的にApple MacBookでYosemiteデータリカバリーを行う可能性の心配がある様でしたら、是非Disk Drillのデータ保護機能性をご確認ください: Guaranteed Recoveryと Recovery Vault。これらのオプションを有効化することにより、簡単にOS X Yosemiteでファイルをリカバーすることができます。

Disk DrillはMac OS X Yosemiteのデータリカバリーに真面目に立ち向かいます

状況が悪く、困っている場合、ディープスキャンは詳細や構成を探ります。Disk Drillはハードドライブのローデータをスキャンして(NTFSFATやその他)ファイルのバイナリーシグネチャーを検索します。アプリは見つかったフラグメントを集め、それらを構成し、ファイルシグネチャーが認識できた際、XLSDOCAVIMP4JPGなどのファイルのリカバリーが早くなります。

重要なファイルを今すぐ守りましょう!

Disk Drill 3
Mac Yosemiteでのデータリカバリーに関して全てを知る
  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

ユーザーやプロフェッショナルの声

  • Ricardo Matts
    誰かが私の iPhoto フォルダを削除してしまった時、すべての写真を失ったと思いました。 しかり、Disk Drill のおかげで、それらを復元することができました。皆さんも私がそれらを復元できると信じることができます。 本当にありがとうございます!
  • Disk Drill 2はMacデータ管理の最初であり最後の砦です。有償版でもその仕事量を考えると購入する価値は大いにあります。OS X El Captainにそぐわない雰囲気の他に、唯一の注意すべき点があるとすれば、第四回目のバージョンである3.0への辛抱でしょうか。ベーシック版がお財布に打撃を与えず十分なサービスを提供する限りは、投資分の価値は回収することができるはずです。J.R. Bookwalter | @JRBTempe