RAIDの説明

RAIDはRedunant Array of Inexpensive Disksの略です。最先端のコンピューターテクノロジーと、安全性の高いデータストレージの需要が高まる中で、RAIDテクノロジーはファイルストレージのソリューションとして広く知られるようになりました。

RAIDとは何ですか?
詳細ファイルの復元
?

RAIDとは、高速でストレージ容量を拡大させるテクノロジーです。数々のハードドライブを一つのロジカル・ストレージ・ユニットとして統合させることにより、冗長性があり、エラーに強い仕様となっています。エラー耐性により、単数または複数のハードドライブのエラーが起こっても、通常起動し続けられる機能を持ち合わせています。データが複数に渡るハードドライブ、そしてディスクイベントにコピーされ、データの紛失を防ぎます。さらに、複数のハードドライブを組み合わせることにより、よりパフォーマンスを向上させることができます。

RAIDは、大容量のストレージを低価格で実現するために開発されたシステムで、個人DIYクラウドストレージや、ホームメディアでのコンテンツなど幅広い分野で瞬く間に親しまれるようになりました。

RAIDの種類

RAIDの配列にはいくつか種類があり、全てのコンフィグレーションにそれぞれ長所・短所があります。RAIDの配列の種類は、データリカバリーの可能性や結果にそれぞれ異なった影響を及ぼすため、RAIDの種類を把握しておく必要があります。共通のRAIDタイプというものが存在し、RAID 0, RAID1, RAID5, RAID10(RAID1と0を組み合わせたもの)がそれにあたります)。

RAID 0

ストライプセット、またはストライプボリュームとしても知られています。高速で大容量をお求めの方のために作られています。RAID 0は冗長性にかけるため、安全性重視の場合のご使用は推奨できません。”本当の”RAIDではないという評価もなされることがあります。1つのロジカルボリュームに2つのハードドライブのサイズとスピードを組み合わせたもので、”ハードドライブ”の容量を2倍にすることに成功しました。インストールが完了すると、どちらのハードディスクにも同時にデータの書き込みがなされ、ストレージに2つのデータが保存されます。Raid 0 のコンフィグレーションでは、4TBの容量は8TBになるなど、大容量がご利用いただけます。RAID 0の弱点は、冗長性に欠け、エラー耐性がない点です。どちらか一方のハードドライブに問題があると、どちらにも問題が拡散し、データがどちらからも消失することがあります。

RAID 0

RAID 1

ミラーリングとしても知られ、初めての’真の’レベルのRAIDとして、データを2つのハードドライブに複製またはクロニングすることで冗長性とデータの安全性を確立しました。全てのデータは継続的に各ドライブにコピーされ、データの消失の可能性が大幅に削減されました。2つのドライブはクローン化されており、ひとつが不調または起動低下した場合は、もう一方がデータのレプリカを作りデータの移動させ、データの移動を行わずとも検索や変更がすぐに実行可能です。ハードドライブの追加によって容量は変わりませんが、冗長性が向上します。そして、データの重複がなされているため、利用可能な容量はその半分のみとなります。

RAID 1

RAID 5

最も有名なRAIDのタイプがこちらです。より効果的で容量と冗長性も高くなっています。RAID 5は分散されたパリティがストリッピングのブロックレベルを包括しています。パリティというチェックサムのシステムで構成されています。ひとつのドライブが故障した場合でも、連続した読み込みが分散されたパリティを通じてなされるため、データの消失を防げます。RAID 5は少なくとも4つのドライブを必要とし、パフォーマンス、容量ともに優れています。一つのハードドライブがパリティデータを集約します。ドライブが故障した場合、RAIDがデータの復元、再建をする事ができます。復元のためにもう一つのハードドライブを配列内に設置する必要があります。このプロセスには長時間を要しますが、安全性と容量に優れています。

RAID 5

RAID 10

このタイプのRAIDは、RAID 1とRAID 0の良いところを組み合わせた配列です。基本的には容量とエラー耐性を兼ね備えたソリューションとなります。パフォーマンスと容量は2倍となり、低予算で大容量が必要なときには最適です。

RAID 10

RAIDの故障の主な原因

RAIDシステムは一般的に安全で信頼の置けるデータへのアクセスと管理法と考えられていますが、他のハードウェア同様、深刻な損傷やデータの消失の可能性があります。バックアップをとっていない場合ですと、より深刻な問題になります。RAIDはバックアップの装置ではないため、最も信頼を置けるRAIDを以ってしてもコンフィギュレーションは故障する場合があります。ご自身でのデータのこまめなバックアップを心がけるようお気をつけください。RAIDの故障の主な理由は以下となります:

  1. RAIDコントローラーの故障
    RAIDコントローラーは、電気の強弱にNVRAMが耐えられなかったときに起こります。ハードドライブのパーティションが破損し、ブートメモリが低下しデータにアクセスできなくなります。
  2. ハードドライブの再構築の失敗
    RAIDドライブが交換されたとき、RAIDが再構築エラーを起こす時があります。RAID配列の全てのアクセスを妨害してしまう場合もあります。
  3. サーバーのクラッシュ
    RAID配列のホストマシンが故障した場合、RAIDコントローラーにレンダリングできなくなり故障する場合があります。
  4. 複数のディスクの故障
    配列のハードドライブの故障は、システム劣化を招きディスクの故障につながる可能性があります。配列を続けてご利用になることでより深刻なダメージになりかねないのでお勧めしません。

RAIDの故障でお困りですか?

RAIDの故障でお困りの方はどのようにすればいいのでしょうか?まずはRAIDの復元を試みてデータを取り戻します。配列の使用をやめ、RAID配列のダメージの深刻度の分析を行います。そして必要により、修理や交換を行います。修復も解決策の一つです。

RAIDのデータの復元にはいくつかの方法があります。RAIDの複数のWindowsツールにてRAID 0のデータの破損や消失の復元が可能です。

RAID 0 リカバリー

RAID 0 のデータリカバリーは以下のアプローチで行われます:

自動 RAID 0リカバリー。 このアプローチはハードドライブを外し、PCに取り付けた後、RAID 0 リカバリーを使用します。簡単な方法で、特別なスキルも必要ありません。 RAID 0 のリカバリーソフトは有料版、無料版を含め様々です。それぞれのリカバリーソフトウェアにはそれぞれ特徴がありますが、一般的なコンセプトはほぼ同じとなっています:

  • ハードドライブをRAIDコントローラーから外します
  • それぞれを、一つずつPCに取り付けます
  • RAIDリカバリーソフトを起動し、配列のコンフィギュレーションを読み込みます
  • コントローラーに、復元された配列のコンフィギュレーションを入力します
ReclaiMe 無料RAIDリカバリー

最も最適な手段は、最も簡単な手段である場合があります。Windows対応のDisk Drillは人気も高く、RAIDディスくを個別に復元することができます。Disk Drillは Windowsのアプリケーションで、Windows 7/8/10と、その他近年のWindows製品に対応しています。Disk Srillは全ての配列を修復することはできませんが、RAID 5の破損したそれぞれのファイルとディスクを修復することができます。配列のコンフィギュレーションの状態にもよりますが、配列の完全復元をせずともほぼ全てのファイルを復元することができる可能性があります。

    RAID 1リカバリー

    たとえハードドライブのフォーマッティングや削除をしてしまった後でも、RAID 1からデータを復元することは可能です。RAID 1の配列のセッティング上、機械のダメージによってデータが消失していまったり、誤ってデータを削除してしまった際に消失したりします。そのような状態でも、機械に物理的な損傷がない場合は以下のステップを使って復元することが可能です。

    RAID 1の復元には、RAID 0 の復元の際と同じソフトウェアが必要になります。
    RAID 1のディスクと配列の復元方法は、基本的には以下の3ステップとなります:

    • ソフトウェアを起動する
    • ハードドライブをスキャンする
    • ソフトウェアを使いファイルを復元し、バックアップをとる

    RAID 5リカバリー

    RAID 5データリカバリーはRAID 0, RAID1のリカバリーと同じものになりますが、RAID 5のみ1ステップ多いプロセスとなります。RAID 5の最適なリカバリーは、ディスク配列を再構築することです。

    RAIDの有名なリカバリーツールは:Stellar Phoenix RAID リカバリーです。ここで紹介することの他にも、様々な利点・不利点はありますが、ほとんどのRAIDリカバリーツールを使用した上でのデータの復元可能性は、元のディスクやステータスのダメージがどれだけ深刻であるか、配列の中のどれだけのディスガ損傷しているかが主なポイントで、RAIDの種類はあまり影響にはなりません。

    Stellar Phoenix RAID リカバリー

    有名なRAIDリカバリーツール

    これから紹介するものは、RAIDリカバリーサービスのオンラインユーザーが選ぶトップ10です。(現段階では)それぞれのサービスを当サイトで試してはいませんが、ほとんどのツールはRAID全体、または単品(各ディスク)のリカバリー向けとなります。

    1. Disk Drill
    2. EaseUS
    3. Ontrack Easy recovery
    4. DoYourData
    5. R-studio
    6. Amigabit Data recovery
    7. Icare Data recovery
    8. Stellar Phoenix
    9. Secure recovery
    10. Bit Recover

    Disk DrillはWindows版で、ベーシック版は無料でご利用いただけます。PROとENTERPRISE版はスキャンとリカバリー機能が強化され、追加のデータ容量もご利用いただけます。ご利用方法は簡単で、Windows 版app ダウンロード (Disk Drill)をクリックするだけ。Disk Drillがダウンロードされたら、失われたファイルを’復元する’をクリックするだけで、スキャンが開始されます。

    RAID 1の配列の復元の可能性はミラーリングでの構築があるためエラー耐性のないRAID 0よりも高くなっています。 RAIDの他の配列タイプは(配列タイプによって異なるサイズの)ファイルをそれぞれ故障したRAID配列から復元してゆくので、復元の成功率が異なります。Disk Drillは300以上ものタイプのファイルや、パーティションテーブルが使用不可能な場合でも利用できるDeep Scanのような複数のタイプのスキャンに対応しており、RAIDディスクリカバリーに最適と言えます。

      ウィンドウズで削除されたファイルを最高のリカバリーアプリでリカバーしてください

      Disk Drill 4

      削除されたファイルをリカバーする方法を知る

      ディスクリカバリー大学

      どのようにDisk Drillは他のユーザーを助けてるかを知る

      世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています