XserveのRAIDより失われたデータやファイルをリカバーする

一般的には、RAIDからのデータリカバリーには技術者が必要になりますが、Disk Drillなら、RAIDの個別ハードドライブをスキャンして、リカバーできるデータを発見することができます。

Xserve
XserveのRAIDより失われたデータやファイルをリカバーする
?

IXserve Appleサーバー上のRAIDからデータやファイルを失った場合、データリカバリーは複雑で難しいタスクになります。Apple Xserveは一般的にRAID 5を実施し、RAIDレベル0、1、3、と0+1にも対応します。標準なRAID 5設定で一つのディスクがフェールしている場合、サーバーは作動し続けます。二番目のドライブがフェールした場合からデータリカバリーの必然性が出てきます。さらに、データは不完全なファームウェアアップグレード、やRAIDコントローラーフェイルなどによるデータロスもあり得ます。Apple Xserveのドライブがあり、ファイル、フォルダーあるいはパーティションのリカバリーが必要となる場合、弊社の素晴らしいDIYデータリカバリーソリューションであるDisk Drillを是非お試しください。データリカバリーの方法は下記を参照ください。

Disk Drillインストレーションを完了させる

Xserve RAIDの一部であった外部ドライブから失われたデータをリカバーする必要があるため、ダウンロードされたDisk DrillアプリをMacのメインシステムボリュームに保存することができます。このリンクをフォローしてDisk Drillをダウンロードし、ディスクイメージをダブルクリックしてDisk DrillアイコンをMacのアプリケーションフォルダーにドラッグします。

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    Disk Drillをダウンロードする

  • アプリケーションフォルダーにドラッグする
    2

    アプリケーションフォルダーにドラッグする

  • Disk Drillをロンチする
    3

    Disk Drillをロンチする

アプリをロンチする

ダウンロードして、インストールが終われば、Disk Drillを開き、必要な拡張を選択します。MacにDisk Drillをダウンロードしてから、アプリをロンチします。ここでは、他にインストールするオプションの問い合わせがある場合があります。データリカバリー拡張は現時点でインストールする必要がないため、全てのボックスからチェックを外します。

RAIDドライブのスキャンの準備をする

Disk Drillが起動したら、ドライブ(内部と外部両方)のリストが表示されます。RAIDにあったボリュームをクリックして、それをスキャンします。Disk DrillはRAIDから各ドライブを個々に検知します。失われたパーティションをリカバーする場合、個々のパーティションではなく、ボリューム全体のスキャンをする必要があります。

ボリュームをスキャンする

スキャンしたいボリュームの横の「リカバー」ボタンをクリックします。Disk DrillはXserve RAIDボリュームの完全なスキャンを実施して、全てのスキャンアルゴリズムを順番に使っていきます。

Xserve RAIDよりデータをリカバーする

RAIDドライブからリカバー可能なデータが見つかった場合、Disk Drillはそのデータをスキャン結果のリストに表示することになり、Xserveデータををリカバーする先のドライブを選択する必要があります。リカバリーを完了するためには、下記の手順に従い、Disk Drillプロ版にアップグレードします。失われたファイルやフォルダーを象徴するアイテムをプレビューして、データをリカバーできることを確認します。

Xserve RAIDよりデータをリカバーする

失われたXserveファイルをリカバーする

パーティションではなくファイルをお探しの場合、スキャンされたRAIDドライブからソートされ、グループ化されたファイルのリストを確認することができます。正しいファイル名が残っている場合、各ファイルをプレビュー(目)のアイコンをクリックしてプレビューする必要がある場合があります。

ディープスキャンと対応しているファイルフォーマット

ファイルシステムドライブのフォーマットに関わらず、失われたデータを検知するためディープスキャンは作動します。実際、ディスクにはファイルシステムが存在せず、あるいはファイルシステムが失われてる可能性もあります。
ディープスキャンは違う方法でディスクを読み取り、リカバー可能なデータを探し、そのデータがFAT、NTFSやその他のシステムであっても大丈夫です。
また、知られたデータパターンが認識されたら、ファイルは再構成されます。ディープスキャンが対応しているフォーマットサンプルのほんの一例です: .jpg、.doc、.psd、.pdf.xls等。

Disk Drillはリカバリーする準備ができてます

Disk Drill 4

さらなる手順書は必要ですか?

その他のデータリカバリーに関する記事

お客様の声をお聞きください

世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています