タグ:, , , ,

リカバリーブートドライブを作る

  • 難易度: とても簡単
  • 所要時間: 15分以内
  • 追加のデバイス: 8GB以上の任意のUSBフラッシュドライブ

課題の概要
スタートアップドライブからデータを復元するには、Disk Drillはスタートアップディスクに読み込み専用でアクセスする必要があります。macOS 10.13 (High Sierra)に搭載されたファイルシステム保護機能を迂回するには、他のドライブからシステムを起動し、そのドライブ上でDisk Drillを起動して、元のドライブを通常のセカンダリドライブとしてアクセスします。この方法はデータリカバリーの方法として一般的に推奨される方法であり、データの復元の最も安全な方法です。なぜならシステムが稼働していないので、復元可能なファイルに動的に上書きされる可能性がないためです。
注意: ブートドライブの作成は完全に自動化されており、特別なスキルは不要です。また将来起こり得る緊急時に大変役に立つ可能性があります。
方法は以下の通り
ステップ#1: ソースを選択する
ここで作成するブータブルドライブは、macOSの再インストールが可能なものではなく、代わりに対応するいずれのMacでもDisk Drillが起動できる緊急時のデータリカバリードライブを作成します。まず、リカバリーHDをブートファイルのソースとして選択します。Disk Drillのメイン画面で「ブートドライブを作成」を選択してから「データリカバリー用のブートドライブ」を選択します。利用できるすべてのドライブの一覧がDisk Drillにより表示されます。

プライマリのハードドライブにある可能性が非常に高いです。
ステップ#2: USBドライブ
USBフラッシュドライブを挿入してDisk Drill上で保存先として選択します。
ステップ#3: ブートドライブを作る
Disk DrillでmacOSブータブルドライブを作成するには数分間かかります。

おめでとうございます!ほとんどの作業が完了しました。
最後のステップ: Macを再起動する
完了したら、オプションキー (⌥)を押しながらMacを再起動します。利用可能なブートパーティションのリストから「Disk Drill Boot(ブート)」を選択して、起動します。

これでMacに接続された内部または外部のドライブから安全にデータを復元できます。
よくある質問
はい、ブータブルドライブを作るため、Disk Drillはすべてのデータを消去してフォーマットします。ドライブに重要なデータがないことを確認してください。Disk Drillはすべての操作に際して警告を表示しますので、心配ありません。
もちろんです。Macに接続でき、8GB以上の容量があるすべてのUSBストレージデバイスを使用することが可能です。
.updated: 11月 7, 2017 author: uralenf
[sc name="have-question-jp"]