誤ってオーバーライトされたファイルをリカバーする

誰でもが体験したことがあるでしょうし、唯一必要になるのは、二つの同一ファイル名です。ワードやエクセルは元の書類を100%オーバーライトしても良いかと確認しますが、脳から指にキーを押さないようの指示が届くまで、指が先走って、元のファイルが消えてしまいます。

上書きされたファイルを回復する

運よく、その元のファイルを数分間で取り戻す方法は複数あります。この記事では、その3つの方法をご紹介します。一つの方法はウィンドウズ用、もう一つの方法はMac OS X用、そして最後の一つは両方のオペレーティングシステムに活用できます。

ウィンドウズでオーバーライトされたファイルをリカバーする

ウィンドウズ版のパソコンでオーバライトされたファイルをリカバーする場合、ウィンドウズエクスプローラを開き、ファイルが保管されていたフォルダーまで行きます。このフォルダー内であればどこでも右クリックし、コンテクストメニューからプロパティーを開きます。それから前のバージョンタブを選択し、オーバーライトされたファイルの前のバージョンの検索をかけます。ウィンドウズは、書類の前のバージョンを、多くのユーザーが使用しないファイル履歴仕様やリストアポイントとして保管することが問題です。

このため、ほとんどのマイクロソフトオフィス製品の書類の管理機能性を使用することが可能であることを知る必要があります。使用しているソフトウェアがワードである場合、ファイルメニューを開くことでアクセスできます。この機能性は、ファイル情報タブの下にあるはずです。

Mac OS Xでオーバライトされたファイルをリカバーする

Mac OS Xで上書きされたファイルを復元する

ウィンドウズユーザーに比べ、Mac OS Xユーザーは多少楽にオーバライトされたファイルをリカバーできます。しかし、それには、一つ大きな条件があります:Time Machine機能性が有効化されてる必要性です。

機能性が有効化されていれば、ファインダーを使って、オーバーライトされたファイルが存在するフォルダーを検索し、Time MachineのVaultからファイルの前のバージョンを選択できます。しかし、機能性が無効だった場合、次にご紹介するサードパーティツールを使うことが唯一の方法になります。

全てのオペレーティングシステムからオーバーライトされたファイルをリカバーする

disk drill

マイクロソフトウィンドウズやAppleのMac OS X等に搭載されてるネイティブリカバリー方法でオーバーライトされた書類をリカバーできな場合、多くの人がオーバライトさらた書類、失われたデータ又は破損されたファイルを取り戻す際に使用し、結果を生み出してきたアプリ、Disk Drillを是非お試しください。

では、データリカバリーアプリはどのようにファイルの取り戻しを可能にするかとお考えのあなた。実は、書類をオーバーライトしても、元の書類はハードドライブから瞬時に消えることが珍しいって知っていましたか?システムは、ただ、ファイルを他のゼロと一の群れにリンクして、元のファイルがあった場所を使用可能としてマーク付けます。

Disk Drill
データ復元を無料で試す
削除されたファイルの復元のお手伝いをします

あまり長いこと躊躇せず、他のプログラムがそのハードドライブスペースを使用する前に行動を起こした場合、Disk Drillは古い書類をすぐ見つけることができます。実際、ソフトウェアは、200種類以上のファイルタイプの検出が可能で、ユーザーもファイルタイプを限定することが可能です。リカバーボタンを一回クリックするだけで、オーバーライトされた書類のリカバリーは成功します。正式なウェブサイトからプログラムは無料でダウンロード可能です。