XDカードからファイルをリカバーする方法

古い富士やオリンパス製のデジタルカメラをお持ちの場合、そのカメラがXDメモリーカードを使っている可能性が高いです。誤って写真を削除した場合、あるいはカードが破損された場合、Disk Drillが役に立ちます。XDカード用のこのアプリはMacで画像のリカバリーができ、カードをスキャンして、削除された写真を探し出します。

XDカードでファイルを回復する
XDカードからファイルをリカバーする方法
?

カメラはほとんどの場合、予想通りに作動します。しかし、場合によって、誤って写真を削除することもあります — あるいは写真をパソコンに移動させた後、ハードドライブがクラッシュすることもあります。この様な失敗により、写真を一生失うこととなる場合もありますが、多くの場合、写真はまだそこに存在しています — その写真はただ見えなくなっています!

Disk DrillはMac上でXDカードから削除されたファイルのリカバリー方法を分かっています。カメラカードをスキャンして、失われた写真を探し出し、それらをリスト化します。簡単な過程です — 下記の手順に従うだけです。

#1 無料Disk Drillをダウンロードしてインストールする

まず最初は、Mac用データリカバリーソフトウェアDisk Drillをダウンロードします。Mac OS 10.8.5以降であればどのものにもインストールすることが出来ます(11.0 macOS Big Surを含む)。必要に応じて、アプリをUSBフラッシュドライブにインストールすることが出来ます。

  • Disk Drillをダウンロードする
    1

    Disk Drillをダウンロードする

  • アプリケーションフォルダーにドラッグする
    2

    アプリケーションフォルダーにドラッグする

  • Disk Drillをロンチする
    3

    Disk Drillをロンチする

#2 XDカードを接続する

次に、MacにXDカードをデジタルカメラに接続してからマウントするか、あるいは、カードリーダに置きます。Disk DrillはマイクロXDカードデータリカバリーにも活用できます。

#3 XDカードをスキャンする

カードを接続してから、Disk Drillをロンチして、ドライブのリストからXDカードを選択します。それから、「リカバー」ボタンを押して、スキャンが完了するまで待ちます。

Disk Drillはさらに深く探ります

Disk Drillにはディープスキャンがあり、この機能性はハードドライブのローデータを分析します。ドライブがFATNTFS、などであるかは関係ありません。Disk Drillは残っているフラグメントをスキャンして、そのフラグメントをパズルの一部として扱い、ファイルシグネチャーの知識をこれらに活用します。バイナリーシグネチャーを認識できた時点で、アプリは.jpg.doc.xlsなどのリカバリーを簡単に行うことが出来ます。

もう待つ必要はありません!

Disk Drill 4

その他の手順方法

削除されたファイルをリカバーする方法とは?

ユーザーとソフトウェアグルーの声

世界で活躍する企業の皆様にもご利用いただいています