Disk Drillを使ってウィンドウズでHFSファイルをリカバーする

一般的に、Macでフォーマットされたドライブやファイルをウィンドウズのパソコンで読み取ることはできません。普通、ウィンドウズはドライブを削除して再フォーマットします。しかし、ウィンドウズでHFSパーティションがリカバーできないとは限りません。この場合、Disk DrillなどのサードパーティHFSディスクリカバリーソリューションが必要になります。
ハードドライブをMacやウィンドウズ両方に使用する際、専門家はexFATなどの相互的に対応しているファイルフォーマットの使用を勧めています。しかし、もし使用しているドライブがApple社のHFS、HFS+やHFS Plusフォーマットであっても、問題はありません。デフォルトでウィンドウズはこのフォーマットを読み取ることはできませんが、Disk DrillのHFSリカバリーツールがあれば、そのドライブのファイルリカバリーを行うことは可能です。

#1 ドライブをフォーマットしないでください

誤ってドライブをフォーマットしないことを確認してください ウィンドウズは、接続されたMacフォーマットドライブの再フォーマットを促します。このため、ポップアップダイアログから「キャンセル」をクリックすることを確認してください。Disk Drillは、削除されたHFSファイルを取り戻したりボックスから引き出すことができるため、フォーマットをキャンセルすることにより、ファイルをリカバーできる確率を引き上げることになります。

ウィンドウズは読み取れないパーティションのフォーマットダイアログボックスを表示します。自動的にDisk Drillを開くことはしません。このため、メッセージを閉じて手動でHFSリカバリーツールを開く必要があります。

  • 1Disk Drillをダウンロードする
  • 2それをインストールする
  • 3ウィンドウズ用Disk Drillを作動する

#2 ファイルシステムが認識できない警告を無視してください

フォーマットダイアログをキャンセルすると同時に、ウィンドウズはドライブを読み取れないことの警告を表示します。このメッセージが表示されても、驚く必要はありません。ウィンドウズが表示しているメッセージは我々がすでに知っていることを繰り返しているだけです。Macファイルを読み取るためやウィンドウズシステムでHFSファイルをリカバーするため、特別なディスクドライバーが必要であります。Disk DrillにはHFS、HFS+とHFS-Plusドライバーが搭載されています。そのため、この警告を無視しても大丈夫です。 ファイルシステムが認識できない警告を無視してください

#3 HFSディスクリカバリーを開始するため、Disk Drillを開いてください

フリーウェアオプションとして最も優れているDisk Drillには、ウィンドウズから削除されたHFSファイルを取り戻すため全ての機能性が搭載されています。どのHFS+システムにも対応できる最先端のデータリカバリー機能性を搭載しています。アプリを開いて二つあるユーザーフレンドリーなデータリカバリーHFSオプションのうち一つを選択する必要があります。デフォルトで、Disk Drillは統一された「リカバー」オプションを実施して、できるだけ多くのファイルのリカバリーを試みます。さらにカスタマイズされたデータ復旧が必要な場合、拡張メニューから「ユニバーサルパーティション検索」も実施できます。
HFSディスクリカバリーを開始するため、Disk Drillを開いてください
Disk Drillは、HFS、HFS+又はHFS-Plusドライブ全体を削除されたファイルをリカバーするためスキャンし、ファイルのリストを作成します。削除されたHFSファイルを取り戻すため、リストを確認することが可能です。リストが大き過ぎる場合、フィルターを使って必要のないシステムファイルなどを取り除くことができます。

HFSパーティションをFileVault暗号化でリストアする

場合により、HFSパーティションにはFileVault暗号化が搭載されていることもあります。FileVaultは、アップル社のMac OSファイル暗号化ツールであり、50GBのsparse bundleバンドなどがその印です。Disk DrillはFileVaultの有無に関わらず、HFSパーティションのリカバリーを行うことができます。もしドライブが読み取れない場合、まずはソフトウェアのMac版を使用し、アプリにFileVaultパスワードを入力して解読を行ってください。
HFSパーティションをFileVault暗号化でリストアする

#4 削除されたファイルのHFSリカバリーはこれで完了です

HFSファイルを取り戻すため、「リストア」のみをクリックしてください。Disk Drillはハイライトされたファイルをお好みのフォルダーに保存します。それで完了です。Disk Drillを使えば、こんなに簡単かつ素早くできちゃいます。
Disk Drillはそれから破損されたファイルや行方不明のファイルの再建を試みます。外部のMac OSドライバーやツールなしでDisk Drillはこれを行い、ウィンドウズ用システムの完全なるリカバリーソリューションを提供しています。 削除されたファイルのHFSリカバリーはこれで完了です

全ての方法が失敗した場合、Deep Scanを

前の警告を無視ぜずHFS+ドライブを誤って削除してしまった場合でも、大丈夫です。ドライブがフォーマットされてもパーティションのリストアによりファイルの取り戻しを試みることができます。パーティションを再現するため、少し丈夫なものが必要になり、又フォーマットによりディスクの表面が完全に無くなってないことに期待できます。運良く、Disk DrillにはDeep Scanが搭載されています。Deep Scanは、ファイルを失った方法に関わらず、全ての見つけ出すことが難しいファイルを検索し出します。この機能性はドライブをバイト毎に読み取りながらファイルタイプとデータベースに保存されているパーティションデータベースの両方を再建します。この機能性が完了するまで時間掛かりますが、他のツールで望ましい結果が得られない場合、是非このツールを使用してください。

HFSドライブ用データリカバリー

Disk Drill 2
ウィンドウズでファイルやHFSドライブをリカバーする
  • 動作条件
    Windows XP+、16MBのディスク空き容量
  • 平均ユーザーランク
    4674.5
  • 最新リリース
    バージョン 2.0.0.337
    公開情報の詳細を確認
Mac OS Xで削除されたパーティションをリカバーしてDisk Drillが提供する無料保護オプションを使用し、再びデータを失わないでください
  • 1000万回以上の
    合計ダウンロード
  • 500,000+
    プロの業者様
  • オフィスやご家庭にて
    150カ国以上で大活躍中

他のDisk Drillユーザー達の声

  • djsumpter
    Disk Drillの制作者の皆さん、ありがとうございます。Windows XPにインストールして使用しています。以前、外付けNTFSドライブを間違えてフォーマットしてしまい、その時にデータ復旧に活用させて頂きました。
  • 「Disk Drillは素晴らしい無料ファイル復旧プログラムです。機能の豊富さとシンプルに利用できるインターフェースは圧巻です」ティム・フィッシャー