タグ:, ,

Rebuild HFS+ CatalogDisk Drillは強力なHFS+データリカバリーツールであり、HFS+パーティションからのリカバリーとは別に、ソフトウェアは実際、失われ又は損傷した元のパーティションのリカバリーを試みます。Disk Drillでは、HFS+に関連する全てのデータリカバリー方法を、「HFS+を直す」ファミリーにマージされています。全てのDisk Drillリカバリーオプションは、Disk Drill Basicの中で無料でプレビューすることができ、プレミアムにアップグレードする前にデータをリカバーできる可能性を確保できます。一般的には、HFS+パーティションのリカバリーの際、Disk Drillは主に4通りのケースで役に立つことができます:

  1. パーティションは破損されてないが、あるファイルシステムから読み取りを試みる際、局所欠陥がある場合 – 「あるファイルシステムデータを割り振る」リカバリーオプションをご参照ください。一般的なmacOSディスクマネージメントツールが少々破損されたファイルシステムに対応できない時、このオプションでDisk Drillによりデータが取り戻される可能性はあります。一般的な状況を「リカバー」ボタンで実施しても今るデータの割り出しは行わないことに注意してください。このアルゴリズムは手動で選択する必要があります。
  2. 軽い損傷の「リビルド」オプション。このアルゴリズムは、HFS+のパーティションの損傷が軽く、ブートセクターがまだ良い状況である場合、効率的です。この様な場合、Disk Drillは普通のリカバーボタンより、リビルドボタンを表示します。もし、HFS+カタログのリビルドを行う場合、Disk Drillはブートセクターのデータを元に、ファイルやフォルダーのメタ情報を探し、データの読み取りを試みます。あるデータの割り振りとDisk Drillにある他のデータリカバリアルゴリズム
  3. 中程度の損傷、「失われたHFS+パーティションのスキャン。」ブートセクターが損傷されてもドライブにそのコンテンツのコピーがある場合、失われたHFS+パーティションのスキャンを行うことができます。自動的にDisk Drillはドライブに合った全てのリカバリー方法を試みるため、手動で特定な方法を選択する必要はありません。 統合されて「リカバー」ボタンは全てのデータリカバリー方法が試されたことを確保します。このようなケースの場合、Disk Drillはバックアップコピーを読み取り、そこからメタ情報を取り戻します。場合により、これでHFS+パーティションをFAT/ExFATや他のHFSでない基準にフォーマットしてからパーティションのリカバリーを可能にすることもあります。
  4. 致命傷、「HFS+抽出。」ブートセクターとバックアップコピーの両方が損傷している場合、Deep Scanが確実な行動の選択肢になります。Deep Scanを行なっている最中、Disk Drillは削除されたファイルを再構成させ、自動的に失われたHFS+メタ情報を探し出し、パーティションの知られたシグネチャーが見つかった場合、パーティション全体の再構成を試みます。この場合、Disk Drillの最初の画面に戻った際、新しいバーチャルパーティションがドライブのリストに表示されます。見つかったパーティションのファイルもスキャニング結果のリストに表示されます。
  5. 全てのパーティション情報が破損されている場合。フォルダーの構成全体が失われた場合、できることはあまりありません。この様なケースの良いサンプルは、この様にHFS+パーティションをHFS+に再フォーマットすることです: HFS+をFAT32にフォーマットしてから、またHFS+に戻します。もちろん、元の HFS+は永遠に無くなります。この様な場合、Disk Drillは元のパーティション構成をリカバーできません。
Disk Drillデータリカバリーアプリをダウンロードする ウィンドウズ用 Mac用
.updated: 10月 11, 2017 author: uralenf
[sc name="have-question-jp"]