タグ:, , , , ,
Disk Drillデータリカバリーアプリをダウンロードする ウィンドウズ用 Mac用

最近、パソコンの広告やお持ちのパソコン自体に「SSDドライブ」と言った文言を聞いたり読んだことがあると思います。パソコンマーケティングの世界では様々な複雑な言葉が飛び交う中、ソリッドステートドライブ(SSD)と言った重要な進歩などが注目されなくなっています。では、SSDドライブとは何かとお考えですか?ここでは、SSDドライブは何であり、それらの動作方法と一般的なハードドライブとの差を説明します。さらに、SSDドライブでのデータリカバリー方法を説明します。

SSD、HDDと & その他

SSD (ソリッドステートドライブ)は、パソコンに使われるファイルストレージタイプデバイスを指します。古いパソコン(数種類の近代のパソコンでも)は、HDD又は「機械的騒動装置ドライブ」を使います。基本的に、HDDは、現在の基準である1分間に7200回も回転するディスクドライブです。これらのディスクタイプは機械的に回転するため、落下、衝撃や機械的故障による損傷リスクや回転できる最大限のスピードの限りがあります。

また、HDDには、狭い空間の発熱、振動で生じるノイズや他に多くの問題点があります。ここで、最初の質問を振り返ってみましょう、SSDドライブとは何?SSDドライブを複数のUSBフラッシュドライブが一緒に組み合わされたようなものとして想定することができます。また、人によって、SSDドライブをRAM装置として考えますが、これはRAM装置(パソコンにあるメモリ)は電源が落とされたら全ての情報を失うため、正確ではありません。基本的は、SSDドライブとは、移動しないメモリ装置の群であり、これらの装置に共通しているものはコントローラです。この装置は共同で驚くスピードでデータを保管し、熱、機械的な騒動やノイズなどを発生しません。

HDD対SSD

その一方、SSDは小さなまたは中規模の磁場により影響されません。一般的にSSDドライブは衝動による損傷に強く、普通に落下してもあまり損傷することはありません。その一方、重い力や破壊力には耐えることはできません。それでも、HDDとSSDでどっちの方が優れているかをお考えであれば、それはSSDです。SSDの耐久性が優れ、寿命も長く、一般的なHDDに比べ読み書き取りスピードは早いです。
SSDドライブを従来のドライブに比べ、多くの利点があります。一般的に、HDDは、その移動するパーツや磁界に対する弱さにより、永続的な失敗とデータロスのリスクが高いと想定されています。従来のHDDに中小規模の磁界を適用しても、多くのデータが永久的に失われることになります。また、オン又はオフの状態のHDDを振ったり、衝撃を与えたりしても、同じような結果になります。ここでは、ほんの一部しか紹介仕切れてないため、さらに詳しい情報が必要であれば、PCMag.comにHDDとSSDの比較を詳細に記載した記事があり、そちらをご参照ください。

HDD内の回転する部品もいずれ動作しなくなり又は欠陥により正し動作できなくなるもう一つの故障の要因です。このデバイスは環境要因に敏感であり、一般的なユーザーや技術者は普通のお店やオフィスで直すことが困難であるため、問題はさらに複雑化されます。

両方のドライブには単純なケーブル接続が必要であるため、SSDやHDDのインストールはそう難しくありません。SSDは、熱を発生せず、振動が全くない表面を必要としないため、具体的な配置ニーズは少ないです。では、次の質問は「ハードドライブをどのようにしてSSDにクローンできますか」であれば、ここから説明します。従来のHDDをSSDにクローンする過程は他のディスク同様であり、手動でファイルをコピーしたり、クローンソフトウェア[好みに合わせてどれでも使うことが可能であり、SSD特定のものを使う必要はありません]を使用することもできます。製造会社により、今あるドライブをSSDにクローンできるため、ソフトウェアにツールを含めるところもあります。一般的に、MacのパソコンにSSDドライブがインストールされることがよくあるため、MacハードドライブをSSDにクローンする必要はありません。WikipediaにはTRIMコマンドの詳細な説明が搭載されていて、こちらをお読みになることをお勧めします。

SSDデータリカバリーと & TRIM

SSDタイプのドライブは従来のHDDタイプに似ていますが、動作する際、コアな違いもあります。SSDは従来のHD同様、データをブロックで保管し、そのブロック内にページを設けます。このページにデータを搭載させ、ブロック内にページを納めます。SSDとHDDのコアな違いは、SSDの場合、一つのページにあるデータを削除できず、ブロック全体を削除する必要があります。HDDにはこの限りがないため、データを効率的に削除できます。

この問題を解決し、SSDのスピードを上げるため、TRIMと言った効率的な技術が開発されました。TRIMの主な機能性は、ブロックやページをインデックスして、削除できるページやブロックにマーク付けて、それらを削除し(場合により、そのデータは瞬時に削除されます)、読み取りや書き取り動作が遅くなることを阻止します。ここでご紹介した様々な言葉により混乱している可能性があるため、簡単にまとめます:SSDの場合、データがあるページを削除するため、ページがあるブロック全体を削除して、スペースをフリーにすることができます。これを日常生活に例えると、靴下一束を取るため、引き出し全体を空にすると同じようなことです。

TRIMはこの問題を解決するため、削除された(片付けられた)ブロックの記録を保管します。パソコンが特定のブロックに関する情報のリクエストを出す際、コントローラと(SSDに内蔵されてる)ファームウェアは、回答を全部ゼロで返し、これによりファイルシステムにブロックが空であることを伝えます。状況を確認するため、毎回ブロックを読み取る必要性がなくなり、SSDが効率的に動作するようになります。この全ては効率的で丈夫に動作するように感じるでしょうが、大きな問題は一つあり、それは、SSDタイプのドライブからデータをリカバーすることが非常に難しく、場合により不可能であると言う人もいます。

SSDデータリカバリー革命

SSDデータリカバリーは上記の分析により難し感じている可能性はありますが、常にそうであるとは限りません。先進の技術や未だ開発されてない技術を用いり、SSDタイプドライブからデータを近い将来リカバーできる可能性はあります。弊社の技術者はSSDからファイルをリカバーできる方法を熱心に研究しており、SSDデータリカバリーのソリューションの開発の端まできています。ここでは明細なことを搭載できませんが、SSDドライブからのデータリカバリー問題をどのように乗り越えることができるかをご紹介できます。

まず最初に、TRIMが有効化されていても、ファイルが削除される度に、データが消えるとは限りません。これはSSDタイプやコントローラによってかなり変動し、場合により、ファイルとコントローラの間のリンクが取り除かれ、コントローラはファイルの返答をゼロでパソコンに返すよう指示されます。これは重要な内容であると思えませんが、理論的に直接リンクがなくっても、ファイルをリカバーできる可能性が残るため、実際かなり重要です。また、ドライブファームウェアがゼロ以外の回答をするように仕掛けられる可能性もあり、それを使ってファイルがまだ存在する場合、その位置情報を確認する可能性がでてきます。

Disk Drillデータリカバリーアプリをダウンロードする ウィンドウズ用 Mac用

もう一つの可能性として、ファイルリカバリーにドライブの余分なスペースを活用する方法があります。SSDを含む多くのドライブはオペレーティングシステムが表示するより多くのスペースを保有します。この余分なスペースは、ファイルの保管やディスク上で様々な動作が行われる際、ファイルに関するさらなる情報を保管する場所になります。元のブロックが削除されたも、ここのデータはアクセス可能である場合があります。また、古いSSDといくつかの新しいSSDにはTRIMが有効化されていない可能性もあります; このようなドライブはHDDと同様にリカバリーを行うことが可能です。

SSDリカバリーの研究[実証されたもの]では、パーティションが削除される時、TRIMはデータに影響を及ぼすことがないことが分かってきました。このため、OSのインストールなどの際、誤ってパーティションを削除しても、オペレーティングシステム上でファイルを削除されたとマークすると同様なデータロスを及ぼしません。これらの要因を合わせることで、CleverFilesの技術者がどのようにしてSSDドライブからデータリカバリーを可能にする革新的技術の開発の研究を行なっているかのヒントになります。乞うご期待!

Disk Drill と& ファイルリカバリー

Disk Drillは様々なデバイスに動作する非常に有能なファイルリカバリーツールです。Disk Drillは、パソコン、メモリカード、USBドライブからファイル、写真、音楽など様々なファイルのリカバリーが可能です。Disk DrillはMac用とウィンドウズ用があり、搭載されているRecovery Vault TechnologyとGuaranteed Recoveryの機能性を活用することで将来的なデータロスを阻止できます。

Disk Drillは、TRIMが有効化されていないSSDドライブを簡単に乗り越えることができ、 第一世代のSSDドライブやファームウェアやOSがTRIMに対応していないケースがあります。TRIMが有効化されているSSDドライブのハードウェアによる限界はもう時期乗り越えることができ、かなりの量のデータがリカバーできるようになるため、ファイルリカバリーの未来は明るいです。ファイルリカバリーと言えばCleverFilesであると覚えてください!

Disk Drillデータリカバリーアプリをダウンロードする ウィンドウズ用 Mac用
.updated: 10月 11, 2017 author: uralenf
まだ質問ありますか?弊社まで連絡または弊社の公的フォーラムをご参照ください